米子日記

少し遅れましたがせいやです!

昨晩は東京ブルーノートにesperanza spaldingを見に行きました。

esperanza spaldingは世界でトップクラスの人気を誇るジャズアーティスト。
超絶なベース、美しい声、そして高いファッションセンス、美しい容姿と。

どこにも弱点が見当たらない、、
僕も2009年辺りにあるアーティストのバックバンドで弾いてた時にその才能のファンになったのですが。

2012年だったかな、世界で最も権威のあるグラミー賞の約80部門の中でも主要の4部門の一つ、最優秀新人賞というのがありまして。

そこでノミネートされてたアーティストの中でも期待度が最下位だったエスペランサがWinnerとなってからはもうエスペランサの地位がぐんと世界で跳ね上がった訳です。

その前からファンでライブに行っていた僕からするとバックバンドもしなくなったしチケットも取りにくくなってショックもあるのですが、、

 

まあとにかく彼女は素晴らしいです。ベースと歌をそれぞれ凄いのにまさか同時にやってるとは到底到底思えないんですよね。

で今回のライブ。
会場みんな興奮。僕と僕の友達はぽかーん。

なんか今まで彼女を見た中では一番何をしたいのかよくわかんなかったかな。相変わらずかわいらしかったですが。なんとなくjamを楽しむ感じがそこまでの域まで興奮しなかったみたいな。やってる事ものすごいですけどね。

まあ今となっては世界的にもホールで無ければ聞けないアーティストがクラブ公演という事でいつもよりリラックスした演奏でした。

また彼女を観る時はもっと白熱した彼女が見たいです。

しかし最近映画にしても音楽にしても皆が大興奮の中僕だけぽかんな事が多くて不安です。
良いものが分からなくなってきてるのかな、まずいな、と。

ああこれだ!って良いライブ見たい!