11

金曜日よりの使者

松阪、岡山、稲沢と濃ゆい三日間から家に帰ってきた。
そこで出会った人たちの親切さや気持ちのいい気分を感じて、自分もいい気持ちになったり、いい気持ちにしてあげたくなったり、そういう幸せなスパイラルを感じた三日間でした。
各地で出会った皆さま、ありがとうございました〜!
image1
『脳』
脳の本を読んでいる。
それによると『やる気』は脳の側坐核という神経細胞が司っていて、側坐核は刺激されることでより活性化される性質がある。とある。
なので、やる気はやってみないとでない、もしくは、やっているうちにやる気がでてくる、ということらしい。
いやいやながらも掃除を始めてみると、ついついやらなくてもいいとこまでやって大掃除しちゃった、、みたいな。
そんなことを本で読んでから、なんでもとりあえずやってみるようになった。
やってみるとやはりその通りで、やり始める最初だけがんばれば、後はどんどん楽しくなってくる。
なんだ、こんなもんだったのか。
都合の良いことはすぐに信じてしまう。
都合の悪いことは忘れてしまうか、嘘の記憶に塗り替えてしまう。
その塗り替え行為も脳の特性の一つで、脳は都合のいいようにウソの記憶を作ってしまうものらしい。
そう云われると、その少しズルく思えるような記憶のすり替えも、科学的に肯定されたようで気が楽になる。
おれがズルいわけじゃないんだ。
そういう仕様になってるんだからシヨウがない。w
人間は知らず識らずにして嘘をつく生き物なんだって思って付き合うと少し気が楽になる。
多少間違ってたっていいじゃないか。
「卒園式」
三月に幼稚園の卒園式があった。
去年の娘の卒園式のときには何度も涙を堪えて、上を向いて目をしばたいていたのだ。
先日は息子の卒園式。
親はみんな動画を撮影していて、おれも前から3列目という好位置で撮影。
帰ってきて、撮った動画を再生すると、壇上の子ども達より手前にいるお父さん達のウナジや白髪や後頭部が、サブリミナル的に写り込んでいて、観終わって目を閉じると、お父さんのウナジが脳内に焼き付いているという、シュールな結果をここに報告しておきます。
一見、真面目そうに見えるお父さんの耳にピアスの穴がめっちゃたくさんあいていてその私生活を想像したり、お母さんとそっくりな顔の男の子とか見ると、性転換して生まれ変わったみたいだなって面白く見えてきたり。
人間観察に気を散らすことで、うっかりもれそうになる涙を忘れようと務めるパパなのだ。11

p.s
最近はなにかと細野さんを掘り下げている。
過去のアルバムから最近のまで聴きまくって楽しんでいる。
細野さんは文章や対談などもめっちゃ面白い。
BBBBもどこかでコラボできないものかと考えているのだ。