金曜日よりの使者

差し入れによく「おかき」を頂く。
種類も歌舞伎揚げ、黒豆煎餅、豆類など様々。
一袋にいろんな種類がミックスで入ってるのもある。
こうなってくると、どの「おかき」が一番好きなのか?
自然に好みの順番がつく。
例えばミックスナッツの中では、断然『ジャイアントコーン』が好きだ。
「アーモンド」でも「クルミ」でもなく、『ジャイアントコーン♪』なのだ。
おれの妄想劇場では、主役はジャイアントで、その脇役として他のナッツが存在する。
つまり、、ジャイアントコーンから食べていけばいい。
たまに味を変えるのに他の豆をつつくが、ジャイアントコーン中心に食べる順を組み立ているので徹頭徹尾初心貫徹で食後が清々しい。
しかし「おかき」となるとそうはいかない。
「おかき」はミックスナッツより断然種類が豊富だ。
差し入れでいただく「おかき」も場所によっても様々だ。
海老マヨあられ、豆煎餅もいい、豆類も好きだ、ハッピーターンやソフトサラダなどのスナック系も捨て難い。
何を食べるか決められない。。。
そして「おかき」のダンジョンに迷いこむ。
まず黒豆煎餅を食べて、もう少し塩強めが食べたくなり「ソフトサラダ」をパクつく。
するとなんだか豆をポリポリと砕きたくなり豆菓子を口に放り込む。
そしてうっかり開けた袋の匂いにつられてマヨネーズあられをつまみ、歌舞伎揚げでフィニッシュかと手を伸ばす。
ここでもしおれが、、、
歌舞伎揚げが一番好き、つまりジャイアントコーンのような、不動の4番バッターならこれで良いが、歌舞伎揚げでは役不足な感は否めない。
最後が締まらないからついついまた黒豆煎餅に戻ってしまう。
からのソフトサラダ、豆、とまたローテーションを繰り返す。
そして気づけば食べ過ぎて胃もたれ、胸焼けという具合。
まぁ、美味しいからなんだけど。
この「おかき」スパイラル脱出のために、「おかき界のジャイアントコーン探し」をしないとな、思ってた矢先に、見つけたのだった。
先日、神戸の実家に帰った時に親父が食べていたおかき、岩塚製菓の
塩加減といい、サクっとした食感といい、大豆の煎り加減といい、
「あぁ、これだったんだ、、」と深く得心して頬張る。
うまし。

これにて一件落着!

今週12日は岡山モグラでFUN TIME ROLL~~~~~~~~♪