金曜日よりの使者

『夏の終わりのハーモニー』

暑い暑い夏がまだ続いてる。
先週は急に涼しい日が続いて、もう夏も終わりだなと思った時があって、その時にふと寂しくなった。
あんなに暑さに悩まされていたのに、暑さが和らぐと急に寂しくなるなんて不思議だな。
そしてまた暑い日が戻ってくるとなんか嬉しかった、やっぱ暑いけど。
おれ、夏が好きだったんだなぁ。
小学生の息子は昆虫が大好きで、夏は昆虫好きにとっては捕獲と飼育の繁忙期。
1番多くの虫に出会える季節。
脱皮を繰り返して成長し、短かい成虫の時期を謳歌する昆虫達。
その儚くも活発な、そして不思議な生命の営みに触れるのは楽しい。
昆虫は脱皮を繰り返して成長するやつと、幼虫から蛹になり成虫になるやつがいるが、成虫になりたての頃はとかく綺麗だ。
ミンミンゼミは夜中に地中から這い出てきて手頃な木に登り、そこで殻を脱ぎ成虫になる。
殻から出てきたばかりのミンミンゼミは透明な羽に薄い緑がかかっていて、何色とは言い難い神秘的な色で、思わず見惚れる。
時間が経ってくると、どんどん羽もしっかりきてきて羽の色はすっかり透明になっていく。
脱皮したばかりの羽は柔らかく、触ると変形してそのままになってしまう。
その儚さがあの不思議な色に乗り移っていて、目を奪われる。
脱皮したばかりのバッタの鮮烈な緑色も好きだ。 見てるだけで元気になるようなエネルギーを秘めた緑だ。
カマキリも然り。
写真は先週見つけたハラビロカマキリの幼虫。次に脱皮すると羽が出てくるかな。
カマキリ
6月終わり頃からヤブキリというキリギリス系の昆虫を飼っていた。
ヤブキリは力強くタフだ。
幼い頃は草食だが大きくなるにつれ肉食が強くなってくる。
ヤブキリは成虫になると樹上で生活するし、とても素早いので捕獲は難しい。
うちのはまだ成虫になる前に草むらで見つけた。
その時はまだ羽が小さい幼虫だった。
飼ってしばらくしてるうちに脱皮した。
とても綺麗な緑の体、そして立派な羽が生えていた。
捕獲したバッタを頭からバリバリと食べる。
胡瓜も皮だけになるまで食べる。
レタスも大好き、と食生活のバランスをとることも忘れない。
バッタを獲ってきてはヤブキリに与えていた。
そうしてるうちに、息子といつもの昆虫採取してる時に成虫のヤブキリを桜の樹上で発見!興奮しつつ慎重に捕獲!
めったにない機会だったんで嬉しかった。
それはちょうどオスで、うちのはメスだったので、つがいで飼ったら交尾して産卵した。
ちょうど産卵する様子も見れた。
メスが土に2センチ程の産卵管をぶっ刺し、地中に産卵していく。
二箇所に分けて産卵していた。
もうヤブキリは死んでしまったけど、その卵はそのまま置いてあるので孵化するのが楽しみだ。
写真は捕獲したヤブキリ(♂)…
Read More

ぴんくもん夏

なんだかんだと夏も終わりそうです。

そこで夏のライブの思い出をばひとつ。

台風が来ていて中止確実かと思われたが、奇跡的に開催された夏祭り。

その祭りのフィナーレは打ち上げ花火がドカンドカンと上がります。

我々は花火直前にライブをして盛り上げてからの〜最後の音を伸ばしてる間に花火がドカンという段取り。

そんなライブの中盤、ダルマ(曲)で会場を走り回ってからの次曲はバラード。

息を整え集中、集中。

吹き始める。

背中に違和感、なんだろう。

ああ、動いてる。虫だ。

結構しっかりめの虫に違いない。

とはいえ虫くらいで動揺する私じゃあありませんよ。

肩の方に登って来た所を察知して片手でサッと払ってみた。

私は今、とても綺麗なメロディを吹いてます。

吹きながらも焦らず頃合い見計らって二度ほど払う。取れない。

そこで気づきました。

中だ!この虫は服の中にる。

得体の知れない虫が背中を這いずりまわっていると思うと、流石に気味が悪い。

私は今、ヤッシーソロのバッキングを吹いてます。

虫は縦横無尽に背中を散歩してます。

サビまでには、サビまでには何とかしたい。

テンション上がった風にしてシャツ脱ぎ捨てたい。たいけどバラードだよおとっつぁん。

音楽は時間の芸術である。

カウントされて始まったらもう進み続ける。

私は背中がゾワゾワしながらサビを吹いてます。うぅ、辛うございます。

地獄のバラードも終盤になった時、奴は首の辺りまで上がってきました。

ドリャーっと取っ捕まえて投げ捨てる事に成功。

去年の羽虫風呂に続いて今年は這いずり地獄。

虫に好かれて嬉しいです。

ライブ後、投げ捨てた虫をみたら可愛いクワガタ虫でした。

ちゃんちゃん

5BC181C4-8FD6-4A00-8D74-554F67AE121A

Read More

『Chicken News #1』配信中!

9月9日(日)Black Bottom Brass Band presents『Chicken On My Head』season 1
●青山 月見ル君想フ(東京都港区南青山4-9-1シンプル青山ビルB1F)
●開場18:00 開演18:30
●前売り 4000円 当日4500円(要1ドリンクオーダー)
【学割】大学生以下は学生証提示にて¥2000
  ※未就学児童は無料
●チケット予約
tickets@bbbb1993.com (会場名・お名前・枚数・連絡先 を明記の上お申し込み下さい。)
注)プレイガイドには学割料金がないので、学割を希望の人は店頭予約かメール予約で承ります。
●出演
BLACK BOTTOM BRASS BAND
Dr.kyOn
Leyona
●ユーモアをテーマに、bbbbの楽曲や古今東西の名曲をピックアップ。
ゲストにBO GUMBOSのマルチ鍵盤奏者、Dr.kyOn。そして素晴らしい歌姫、Leyonaを迎えての、踊れて笑えて沁みるコラボレーションをお楽しみにっ!
Humor is released!
●問い合わせ
月見ル君想フ…
Read More

行間を読めブログvol.8

今までありそうで、なかなか誰もやらなかった夢のコラボやないかと思います。

考えつかなかった、というのが正しいかもしれません。
見た目がほんとに賞賛に値するというか、惚れ惚れします。
カッコ良過ぎて笑える、この感じは卓越したセンスがないと無理なんですよね。
食べた感覚としては
ラーメン大盛りの残りスープの中にご飯を入れて、よっしゃついでにチャーハンも頼んどこか、に近い感じでしょうか。
パスタを主食におかずとしてうどん食べるとか、餃子を主食におかずとして水餃子を食べるとか。
僕はほぼ憧れに近い好感が持てました。
勇気ある人間のみが踏み入れる事の出来る、人類の新しい領域。
ああもう、賞賛の嵐が止まらないのでこの辺にしときますね。
もし興味のある方は、ライブ会場か夜の街でお会いした時にお店を教えて差し上げます。
あ、そうそう。
ケーキって『粉もの』のカテゴリーに入りますかね?
3CD38A94-E7A7-494C-BB5E-4FE42485BFAC
Read More

米子日記

せいやです。

なんだかお久しぶりになってしまい申し訳無いです。誰も待ってなかったら少し悲しいですけど久しぶりに投稿。

 

といってもやる気が無かった訳ではなく、10回分程書いてはいや、これはダメだ。と繰り返していてなんだか最近文章書くのって難しいなって思ってます。

 

そんなこだわりあったっけ?

 

 

そんな僕は今岩手県北上市のホテル。

 

毎年北上のさくらホールが主催する盆ジュール祭りという盆踊りやブラスの演奏やお菓子配りや老若男女の方がたくさん集まりそこで僕とYASSYは北上のブラスバンドに混じって演奏させてもらってるのです。

 

今回もバッチリ楽しくやらせてもらってさあ只今時刻は3時。

打ち上げ終わりから1時間の深夜、もう寝なければと思いながらこうしてブログをホテルで書いてます。

このお盆、ホテルもかなりの混雑さで中々無かった中、仕方なく二人一部屋のツインをYASSYが予約してくれました。

 

しかし、着いて部屋に入るとYASSY痛恨のミス発覚。

 

 

 

まさかのダブル。

 

 

 

あの1つ大きいベッドで仲良く寝ようね!

 

 

のダブル。

 

 

 

しかも目測ちょっとセミダブルに近いダブル。

 

 

YASSYは部屋に入るなり言いました。

 

「そっか、二人一部屋ってこういうこともありうるのか!」

 

まあありうるでしょう。

すでに他の部屋は満室。…

Read More

遅れてきた金曜日よりの使者

 『Get ready for a new trip』BBBB featuring Leyona
『人間観察』
京都で、時間が空いた。
30分ほどボーっとしようと思い、デパートの一階の休憩スペースのソファーに落ち着いた。
ソファーは通路を挟んでメガネ屋さんに向き合っていて、それに座ると自動的にメガネ屋の方を向くことになる。
そして、そのメガネ屋の壁は全部ガラスで透けているので、店内の様子が丸見えだ。
そのソファーに座って、何をするでもなくメガネ屋のことを見ていた。
見ているうちに20分経ってもお客さんは一人もこない。
3人の店員も暇そうだ。
女店員はiPADを見ながら何やら思い出し笑いをしてるし、マッチョ店員は店内をひたすら回遊。
ナンチャン(ウッチャンナンチャンのナンチャン似)店員は時折メガネを磨いたり、レイアウトを少し直したり、何か仕事してる風に見せかけているが、とにかく暇そうだ。
ガラスの店内はなにもかも丸見えなんだけど、ガラスとはいえ仕切りがあるので、店員たちはあまり外を意識することなくやっているようで、女店員は時折思い出し笑いをしていたが、それをおれが見ているとは気づいていそうにない。
おれも相当、暇だ。
そんな永遠に続くかと思われた不毛な時間を過ごしているところに客が現れた。
しかも客は片手に分厚い財布を持っていて、もう買う気満々だ。
早速ナンチャンが擦り寄る。
なんせ今まで暇だったもんで、この客にはぜひ最高の接客でもてなそうというナンチャンの意気込みがガラス越しの表情と、その落ち着きのなさから伝わってくる。
客が最初に手に取ったメガネをかけて鏡を見ているところにナンチャンが早速話しかける。
おれならもう少しゆっくり見せてもらってから声をかけてもらいたいところやけど、ナンチャンは、我慢できないといった感じでフライング気味に接客開始。
ナンチャンスマイルを浮かべながらいろんなメガネをすすめる。
暇な時と違ってナンチャンの表情がとても豊かだ。
客も、ぐいぐいとアツい接客をしてくるナンチャンをうざがるでもなく、メガネをかけながら談笑している。
ここの店員は左手に白い手袋をしていて、メガネを触った時に指紋がつかないようにいる。
この手袋がなにか専門家的な雰囲気を出していて、いかにも高級なものを扱ってますという感じの印象を与えんてるんやけど、客との談笑が弾み、盛り上がってきたナンチャンは、その手袋をつけた人差し指で鼻をこすり始めた。
そしてその手で客にまた違うメガネを渡し、話しながらまた鼻をこすっている。
白い手袋はメガネと鼻を行ったり来たりしている。
ナンチャンは客の目の前でやってるんやけど、それが癖なのか本人は気づいてる様子はない。
鼻を拭ったばかりの手で丁寧にメガネを渡される客の心境はいかがなもんだろう、、
思わず、「鼻かめや!!」と心の中で思いっきり突っ込みいれた。
なんか気持ち良かった。
p.s
いよいよ来月に迫ってきた9月9日のChicken on …
Read More

夏本番やね。

暑い日は

早寝早起き

引きこもり

 

 

さあ、夏本番だー

みなさま、熱中症には充分気をつけて、平成最後の夏♬ 楽しんで下さいネ。

 

 …

Read More