金曜日よりの使者

秋は旅のシーズンだ。
と言っても遊びではなく演奏の旅で全国を行ったり来たり。
9月から年末まではず〜っと旅暮らしが続くホテル暮らしの日々。
まずホテルに着いたらチェックイン。
名前と住所と電話番号を書く。
この作業はホテルを変わるたびにするから、連泊じゃないと毎日やることになる。
もう何度やってんだろう。
全国のホテルで書き散らかしてきたチェックイン用紙達、やはり捨てられずにどこかのロッカーに保管されてるものなのか? 燃やされて塵になってるのか。
そもそも殴り書きのような字体で書いているので住所なんてきっと読めない。
読もうとしたらストレスで鼻血がでそうだ。
身分証と確認するわけでもないし、そもそもこれ必要か?っていう気持ちで書いてるんで余計に字体が荒れる。
逆にどのくらい読めるか(ホテルのフロントの人が)、「お客様、これではちょっと読めません。真面目にやってください。」といつ言われるのか。
ボーダーラインはどの辺なのか気になって、最近はわざと崩して書いているが、まだダメ出しされたことはない。
精神鑑定したくなるほど荒れまくった字体か、達筆が過ぎて暗号みたいになった字体でないとダメ出しされないのか。
というか、普段の生活の中で、ペンを持って文字を書く時間はこのチェックインの時だけという事実に軽いショック。
あとはパソコンのキーボードと、スマホの画面を撫でて文字を書いてるのか。
そりゃ字も下手になる。  というか字は子どものころから下手だ。
そのくせに更に下手な字を書こうとしてるんだから、おれは何をやってるんだ。
あかんがな。
チェックイン用紙を書いて暫くしたら部屋の鍵を渡される。
この際に、時にはお風呂の場所や時間、朝食会場の場所や時間の説明など受けるが、これはもう露骨に聞いてない。
全国どこに行っても同じようなホテルに何百回も泊まってるので、一見するだけでわかるわけで、説明とか聞く気がない。 それでも録音された伝言をつたえるように、マニュアル通りの説明するフロントの人を露骨に鹿十してしまう。
喋ってる本人も1日に何度もその定型文を口にして、もうカサカサに乾いているその言葉。  そんなんもうええやん。
もう目礼だけで充分に分かり合えるから大丈夫だよと言ってあげたい。
そしてホテルの部屋に入ったら何か違和感を感じる。
昨日の町から何時間もかけてやって来たのに部屋は昨日と同じ。
あれ?昨日どこにいたっけ?
今どこだっけ?
という瞬間痴呆状態に陥る。
なぜならビジネスホテルの部屋は大体に同じような造りになっており、ルートインや東横インなどのチェーン店では雰囲気も仕様も同じなので、所変われど部屋は同じなのだ。
なんだかあんなに時間かけて移動したのに、また振り出しに戻ったような不思議な気分になるのだ。
今日は402、一昨日は708、その前は309、あれ?今日はなんだっけ?毎日チェックインとチェックアウトを繰り返してると、自分が番号で呼ばれてる気がしてくる。
この症状が出て来たときは疲れてる時だ。
風呂に入って早く寝たほうがいい。
でも疲れている時ほど、雑念が多くなるもので、早く寝りゃいいのに本読んだり、映画見たりしてなかなか寝ない。
あかんがな。
また、ホテルに漫画が置いてあるケースも多い。 というか、漫画が置いてあるホテルを好んで選んでる。
まぁ、なんせ漫画が好きなので、あればそれは読みたい。
昨日は「信長のシェフ」という漫画をホテルで見つけて読み始めてしまった。
これが大変に面白い。
でもそのホテルには一泊しかしないとなると、もうこれはいけるとこまで読み進もうとしてしまう。
こういうのは一期一会だからとか、出会った時がタイミングだからとか、いろんな言い訳を付加して噛り付いて読む。
気づいたら布団も被らず漫画本を掴んだまま爆睡という、夏休みの小学生のようなことになる。朝、慌ててチェックアウトするもんだから忘れ物などいろいろしでかす。
変な角度で寝てるから首も痛くなる。
朝飯もゆっくり食べれず腹をすかす。
あかんがな。
と、まぁこのようなことを毎日やりながら旅を過ごしています。
今は兵庫県豊岡市から愛媛県松山市への移動の車中。
夜の長い移動は頭の中の雑念を、掴まえては揉んでみて、ちぎっては放り投げるような、そんな時間。
友達のギタリストは、移動の時間の暇な時は宇宙と女のことを考えていると言っていてカッコ良かった。
スマホをいじって時間潰しはカッコ悪いので、おれもそれでいこうと思ったが、何を考えててみようか考えると、、、う〜ん、、、今日は温泉と酒だった。
今までに行って印象に残ってる好きな温泉を想像して、露天風呂に浸かりながら湯けむり漂う湯面に浮かべたお盆にお銚子を載せて、お猪口で遣っている姿を思い浮かべる。頭には白いタオルが載っかっている。
そこに誰かやってくる、あっ、ここは混浴だったんですね、、、どうぞ、お構いなく。。  そうですね、失礼します。
、、、あ、どうです、一緒に一杯遣りますか?
そんな妄想したりしてる間に松山市に着きそうです。
今日のホテルは温泉ついてるといいな〜♨︎
p.s
九月九日の青山での『Chicken on my head』来てくれた皆様ありがとうございました!
最高なセッションの連続でしたね。
あの日のセッションは『FUN TIME ROLL』の録音とミックスをやってもらってる
内田直之氏にライブ録音もしてもらったので、その音源もまたリリースしたいと思ってますが、その前にライブ動画をちょっとづつアップしていく予定です。
お楽しみにっ♪