いきなりブラスツアー追加日程発表!&渋谷うたの日詳細発表!

大好評行脚中の「いきなりブラスツアー」!

今回追加日程として9月7日大阪、9月8日稲沢が発表されました。
詳細は後日発表ですのでホームページやFacebookをチェックお願いします!

そしてBYG50周年記念渋谷うたの日コンサート2019ということでBBBB presents『歌謡ゴールデン劇場』が9月6日に行われます!

こちらはスペシャルゲストとして

なかの綾
http://www.nakanoaya.com/

ハッチハッチェル
http://officebarbecue.jp/

が登場!
こちらは詳細も発表となっておりますのでスケジュールページから確認よろしくお願いします。

どちらもお楽しみに!

 …

Read More

夏近し!

夏を待ちきれず、キャンプを楽しんでまいりましたー
兵庫の山の中は、雨が降れば湿気も心地よく、草木の匂いに癒されます♬
梅雨の合間の晴れ間に、夏が近くまで来てるのも感じます。
さあ、もうすぐ熱くゴキゲンな太陽の季節がやってきますよ〜〜2091713 木谷山温泉 泡盛キャンプ_190715_0001
Read More

いつも遅れてくる金曜日よりの使者

三週間の西日本の旅から戻ってどこかフワっとした気分で過ごしている天パです。

ってこれを書いたのは一週間ほど前だ。
つづきます。。

各地で出会ったみなさん、ありがとうございました〜!!
毎日が濃ゆかったんで三週間とは思えない感じだったなぁ。
長い旅の時に途中で読む本がなくなるのが寂しくて、いつも何冊かもってくけど、
三週間ともなると本数も増える。
しかも装丁も楽しみたいんで、ほとんど大型本なんでめっちゃ嵩張るし重い。
でもやめられまへん。
なので、おれの旅行鞄はいつもやたら重い。
でも重い理由が本っていうのは、なんとなくかっこいい気がしてたりしてる自分も確実にいる。
養老先生の本読んでる時なんか、なんか頭良くなったような気分に浸ってるもんねぇ。
内容は理解できてなくても、すぐ忘れてもいい、読んでる時には賢くなった気がする感覚を楽しんでるのだ。
旅の本も好きだ。
入り込めば作者の旅した道をバーチャル追体験できる。
最近知った作家で、西江雅之という「ハダシの学者」と言われた文化人類学者。
というと堅いけど、もうぶっちぎりの旅の達人!
初めて知ったのはなにかの対談の記事だったけど、そこに載ってた写真の痛快な笑顔が印象深くて。
読んでみたらもうスケールが違う旅の話がぼんぼん出てくる。
なので最近ハマってますねん。

あぁ、アフリカ行ってみたいなぁ。w

03DFCE93-A2EB-4A37-90FE-272203FA5DCD

各地で絶賛好評いただいてます「いきなりブラスツアー」ですが、
今回のセットリストで取り上げてるカバー曲をご紹介しましょ〜
Yassyをフィーチャリングしてユル〜くしみじみ沁みるミディアムスローなナンバー「夢であいましょう」
これは1961年から放映されたNHKのバラエティ番組『夢であいましょう』の番組テーマ曲。
作詞 永六輔、作曲 中村八大。
「上を向いて歩こう」や「夜霧の今夜もありがとう」「こんにちは赤ちゃん」などなど、数々の名曲を生み出したカリスマコンビの作品で、タイムレスに心に響くエッセンスがドシーン!と注入されていて、何度聞いてもジ〜ンときちゃう。
流石です。
こんな曲書いてみたい。。
書き終えた時、「おれ、すごいの書いちゃったなぁ、、わなわなわな、、」と自分に震えるかなぁ。
「すごい曲書けちゃったよ。よし!今日は俺の奢りだ!飲みに行こう!」って中村八大先生は永先生を誘って居酒屋に行っただろうか。
いや、居酒屋より銀座だろうか。
銀座だな。
曲が書けた時点で友達を誘って銀座に飲みに行くような曲をいつかおれも書きたいものだ。
「夢であいましょう」はそんな曲だ。

この永先生と中村先生の6・8コンビが手がける他の曲も日本の宝のような曲ばっかりなんで、またbbbbでも取り上げたいと思ってます。

それと、もう一曲「浜辺のうた」。
これは成田為三先生の不朽の名作!…
Read More

米子日記

せいやです!

7月ということで6月30日に発売となった僕の大仕事、第二回わっしょい米子祭りのチケットが発売!!

BBBB_yonago_A4_o_190619

半年以上の準備で特に様々な発表やチケット発売直前の調整で6月は携帯やパソコンとにらめっこ状態でしたが遂にここまできました。

 

そしてフライヤーとポスターも素晴らしいものが出来て6/30発売から10月までしっかりPRしていこう!と思っていたのですがまさかの即日完売!!

うれしい悲鳴ですが何千枚と刷ったフライヤーや100枚のポスターはどうすれば良いのやら、、

元々売る予定の無いチケットもどんどん追加しても追いつかずあと米子公会堂窓口に数枚だけある状態です。本当に感謝しています。

米子市公会堂は1000を超えるキャパをもつ中型ホールなのですが、こうして自分で企画して内容から共演者、共催者とのの連絡、色々な協力依頼や概要から様々な面で本当に沢山の人と関わりながら作っていくことで普段BBBBが年間何本もやらせていただいている全国各地のホール公演は本当にスタッフの方々大変なんだなと実感。

僕はこの一本ですがホールの方はこういうことをBBBBに限らず年間何本もやられている訳ですから。

 

いやしかしチケットが即完売ならばあと3ヶ月はわっしょい米子祭りの内容をどれだけ良いものにしていけるかに全力を注げる!と言うことで残りの3ヶ月も張り切っていきたいと思います!

 

それではまた!…

Read More