味王様

お盆時期、海水浴と海釣りに行きました。

綺麗な広い砂地の浜があり、しかも遠浅。

そこは海水浴マップにも釣りマップにも載っていない穴場スポット。

なので、人もまばら。

十分にスペースがある上、暗黙の了解で、海水浴・釣り人がそれぞれにエリア分けされていて、何の問題もありません。

そんな浜での投げ釣り。

狙うは白キスのみ。

天気は快晴。

おりゃ。と一投目。20m程先に着水。

そろりそろりとリールを巻き、底にコブがありそうなとこを探し、アタリを待ちます。

快晴・綺麗な海・釣り、このシチュエーションだけでもなんと幸せな事か。

と思うや否や。

早速手に感触が。

アタリが弱かったので、どうかいなと思いつつ引き上げると、デデーン。

体長約15cmの白キス。

幸先良い。

「ありがとうございます。今夜天ぷらでビールと共に美味しく頂きます。」

と感謝の想いを1号に伝えながら針を外し、バケツにイン。

その後、2時間半で14号までの釣果。

そして、天ぷらに調理してもらうと、

かなりの美味。美味すぎ。

なんとも上品な味で、身もフワフワ。

ミスター味っ子で口から光が出ながら、美味い!と叫ぶ気持ちが分かるのに、30年かかりました。

てな訳で、白キスのサイズが大きくなる今月あたり。

感謝の想いを胸に、また釣りに行こう。

次は、天ぷらと刺身やな。