気付き

どうしようもなく、どうでもいい話し。

白湯が好きなのである。
そう、「さゆ」
白湯というもっともらしい名がついているが、水があったかくなったアレだ。
ただのお湯。
それをマグカップに入れ、
何も分かってないのに、分かった様な顔をして飲むのが日課になりつつある。
そんな白湯ライフ2日目。
思うに2日目が1番アツいのである。
白湯の温度ではない。
あっちのアツい。
三日坊主という言葉が示している通り、
その前日の2日目がピークというアホな自己解釈理論であるが、なかなかに的を得てそうな気もする。
と、そんな話しではなく、何故白湯を飲み始めたか。
私は、カフェインやアルコールを摂取すると、
人よりトイレがだいぶ近くなる。
手を伸ばせば届きそうな距離を想像して頂くとよいでしょう。
さらに、真冬。
大好きなコーヒーやビールを飲むと1日中トイレに入り浸りなのである。
そして、気が付いた。
これって無駄やん。
入れては出しての無限ループやん。
飲むだけ無駄やと。
そして、気が付いた。
白湯!
昔から飲み慣れた、白湯。
ボーイスカウト活動の時、水筒にいつも入れてた白湯。
朝に飲むと体にいいってNHKあたりで言ってた白湯。
実際に飲むと清々しい。
何も分かってないのに、分かってくる。
体もあったまる。
トイレとの距離も近くて遠い隣国の様だ。
素晴らしい白湯ライフ。
明日は3日目。