金曜日よりの使者

一瞬の間に事態は幸せにも不幸にも転がり移る。

ほんの一瞬のことやからといって、元に戻してもらえるかというと、決してそれはない。
あの時、もう少しゆっくりしてたらとか、ほんの少しのことでこの事態は回避できていたのかもと思うが、それもやはり思ったところで事態は変わらないのだ。

というのは、サックスの生徒Nが楽器ケースの蓋を閉じるファスナーを閉め忘れていて、なんかのはずみでケースが開いて、楽器が落下し、壊れてしまったのだ。
さっきまで調子よく練習して、充実したリハーサルに満足気分でスタジオを出たところだったのに。
泣きそうになっている生徒Nと我々はスタジオに戻り、音が出るかチェック。

結果はバツ。。

ぐったりとうなだれる生徒Nの悲痛の叫び!
「修理かぁ、、そんな金ねえよっ!」
がっかりした人の決定版のような表情の生徒Nに気が紛れるよう、みんないろいろと体験談を語る。
友情である。
かくいうおれも同じような経験は何度もある。
その時はがっくり辛いけど、そのうち忘れる。
忘れるということは幸せに通じる道なのかも知れない。

あと、他の可能性も考えた。

生徒Nが壊れた楽器を修理工房に持っていったら、そこで同じく修理依頼に来ていたA君(彼もまったく同じ、ケースを閉め忘れたまま担いでしまい楽器が落下→修理)と修理のカウンターで隣り合う。
A君がリペア職人に落下の状況などを説明しているのを聞くと、自分とよく似た状況なのに興奮し、「あたしもなんですっ」と生徒N。
このなんというか、理不尽なやるせなさを心から共感できる仲間を得て、状況は何も変わらないのに何か気持ちが明るくなるような、不思議な高揚感のまま、A君と修理の待ち時間に一緒に近くのドトールでお茶でもしましょと向かう。
いろいろ話をしているとA君はおっとりしてるようでいても会話がうまく、のせられるようにこちらも饒舌になってしまう自分に戸惑いつつも、初対面の人との新鮮な会話に高揚する生徒N、、、、

ほら、その先は言わずもがなですよ。

楽器がケースから落ちたのは運命の必然なのかも知れないなぁ

そんなことを考えていたら電車が終点までいって折り返してたのに気づいてなかった。。
なにやっとんねん。
今日は江ノ島でcro-magnonのキーボード、金子巧とメロウに音楽探検。

いってきまーす


FullSizeRender

Read More

金曜日よりの使者

IMG_8488
NHKの『ムジカピッコリーノ』
アントン師匠やばかったなぁ。w
夏、始まりましたね
年中いろんな音楽を聴いてるけど、だんだん暑くなってきて、今日は夏日だとかみんなが言い出した頃ぐらいから、ドラムがボコスコ鳴ってる、いわゆるFUNKY MUSICが聴きたくなるようで、そういうのをApple Music(音楽配信サービス)で聴き漁ってると、Apple Musicのほうからも「あんたこれも好きなんちゃうの?」と、いろいろオススメしてきて、またそれが良かったりするもんやから、お気に入りとかするとまた似たようなのをオススメされて、、というスパイラルでおれのライブラリーはFUNKY MUSICで溢れるてるYo~~~
ここで一曲どうぞ。
Boby Womack、気持ちええ〜♫
この曲なんかもやっぱり寒い時に聴くより、蒸し暑いくらいのほうが似合う気がする。
そう、先週の宮古島ミュージックコンベンション、宮古島の空気がもう気持ち良すぎて、宮古に酔いしれた三日間でした。

IMG_8841

すごいセッションもいっぱいあったなぁ。。
南の島の夜の街の、ねっとりとした空気の中を音のする方に、ふらふら渡り歩くのは幸せな時間だったなぁ。、
ゲンタさん、ミュージックコンベンションに関わった皆々様、お疲れ様でした。
最幸な宮古島に大感謝!
ほんとミュージックコンベンション、素敵すぎなのでぜひ行ってみて欲しい。
そして今週から再びTurkey A Go Goのリリースツアーは中盤へ。
昨日は茨木JK。
外国のPubっぽい店の雰囲気に『DARUMA』の大合唱がハマってました。w
集まってくれたみなさまありがとうございました。
今日は徳島まぜの丘へ向かってます。
天気も最高は日曜日、楽しみましょう〜
p.s
旅のお供に本をもらったりして、そうやって誰かがオススメしてくれる本を読むのも自分セレクトじゃない楽しさがあって好きっす。
どちらの本も泣ける。
バンドリムジンの中で読んでると、泣いてるのがバレないように伊達メガネをかけないとな二冊でした。
IMG_8713
Read More

遅れてくる金曜日よりの使者

でかい機関銃を持ったテロリストグループに紛れ込んた我々(五人ぐらい)は、対立相手のアジトを急襲。
このゴタゴタの間に我々、潜入部隊はテロリストグループに気づかれないように離脱する計画だが、なかなかそんなチャンスが訪れぬ中、テロリスト部隊は重火器での破壊工作を開始。
周囲で爆音が炸裂し、怒号と悲鳴が入り混じったカオスと化した地下通路を走り抜けようとしたところに天井に吊るした大型の排気ダクトが目の前に落下。
土煙が舞う中、この排気ダクトを通っての逃走劇が始まる。。。
途中ながらここでフェードアウト。
全部、夢の話ですいません。
しかし、夢でこんなにドキドキなバーチャル体験して怖かったけど嬉しいな、、
昨日から熱を出した息子がうなされてる様子で起きた。
身体が熱い。
がんばれ〜
まだ午前1時過ぎ。
なんとなく眠れないので自室で曲を書いてみる。
なんとなく変わった曲が8小節書けた。
粘っても続きが出てこないので、そのまま放置。
まだ眠たくならないので、前日にふらっと出できたベースラインにリフを載っけてみる。
福岡県の宗像市から帰った翌日だったので仮タイトルは「UNPANI(ウンパニ)」に。
注)ウンパニは宗像の名物男の愛称というか、、決めセリフ
作業を進め、それとなくウンパニ感が出できたところで眠気。
また布団に戻る。
Spice PlayboyZ(僕が別でやってるバンド)のライブで雑居ビルの最上階のバーにいる。
漆黒のウッドパネルに赤茶っぽく、ほのかな照明がゆらゆら揺れる。
ライブはまだ全然始まってなくて、店内はパラパラと人がいるだけ。
今日の対バンの相手は悪魔のゾンビ軍団で、対バンした相手をライブの後、ほんとに殺すとの話をどこからか聞く。
そうこうしてるとエレベーターが唸りを上げて一階から最上階へあがってくる。

ギューーーーン

その中にはきっと、ゾンビ軍団な予感がして、悪寒に震えるが、扉の前から、なぜか動けないでいる。
覚める。
、、、、さっきのが現実ではなかった安堵感と悪寒がない混じったなんともな心地でおはようモーニング。
熱が下がらない息子を置いて、今日は娘の運動会。
ピカピカの快晴の下、娘の走るリレーにうっかり涙を流したりしてウン10年振りの運動会を満喫。
明日はbbbbでさいたまプラザノース、そして来週末は宮古島ミュージックコンベンション。
夏始まる感じ。
いっこいっこバッチリ楽しみたいと思い〼。
皆様もご自愛、他愛しつつ楽しくお過ごしください。
IMG_8666
Read More

金曜日よりの使者

IMG_8525

昨夜は長崎からの移動の途中、今夜の停泊地の姫路のホテルまであと30キロ地点で、エンジンの回転数低下からのブレーキが効かなくなってサイドブレーキでなんとか路肩に停車。

深夜の寒風びゅんびゅんな高速道路でJAFを待ち、レッカーしてもらってなんとかホテルに着地。

走行距離では地球15周した我々の日産Caravanの突然の引退宣告に戸惑いつつも、長年チームに貢献した野球選手を見送るような、残念というよりは感謝と賛辞で清々しく送り出してやりたい気持ち。
ありがとうキャラバーーーーーーン!!
ってすぐ修理して戻ってきたりして。

そんなわけでレンタカーやら電車やらでメンバーバラバラに茨木に向かってます。

本日は天気もサイコー!

茨木音楽祭めっちゃ楽しみましょ〜♫…

Read More

遅れてきた金曜日よりの使者

いよいよシーズンイン!って感じです。野球じゃなくて、bbbb的にやね。
Turkey A Go Goのツアーも始まったし、各地でのイベント出演にと、旅支度して演奏して帰ってきては、また出発!っていう流浪のバンドマン生活が春とともにまた始まりまして。
いろんな街でいろんな刺激もらって、また次のアルバムで面白くアウトプットできたらなぁと思う天パです。
旅の楽しみといえば本。
今日は雑学の本を読んでる。

IMG_8481 (1)

そういえばbbbbの初代トランペッターのミッチは雑学が好きだった。
大学の頃住んでたアパートのちっこい本棚にいつも雑学本があった。
そういう豆知識をよく覚えていて、時折酒など飲みながら披露するという、若者らしからぬ趣味を持っていた。
そうやって雑学を披露する時の顔はいつも満足げだった。
おれもあのちょっとした高揚感を得たくて、雑学の一つ二つを覚えようとするが、いかんせん頭の中には砂でも詰まってるのか、ちっとも覚えれない。
でもそういう話を聞いたり読んだりするのは好きだ。
好きこそ物の上手なれというが、おれの場合は適用外らしく、この歳になっても飲みの席で雑学を披露するという機会はなかった。
もっぱら聞き役専門である。
そもそもいつもいい加減なことばかり言ってるおれが得意げに雑学を語ったところで、周囲はその話を話半分くらいにしか聞いてくれなさそうだ。
まずは人間的信用を得るところから始めないとならない。
今日読んでるのは『アシモフの雑学コレクション』和訳は星新一先生。
アシモフ博士の知識の海は広大で、SFから科学、歴史、文学、動物、人の生き死にまで様々な分野の雑学が収録されてる。
どれもこれも、飲み屋のカウンターでウケそうなネタである。
すぽっと記憶の棚にしっかり入れておきたくなるような雑学。
アシモフ博士はさぞかし居酒屋の人気者だったんじゃないかと想像する。
今日から東京ー鳥取ー東京ー神戸ー博多ー長崎ー茨木ー帰宅!という行ったり来たり旅。
面白いGWにしたいと思います。
各地の皆様よろしく遊んでください。

ちゃす!!

IMG_8478
昨日、東京でのJazz Auditoriaで。
きもちよかよかな天気と会場で最&幸な1日、ありがとうございました〜!

Read More

遅れてきた金曜日よりの使者

フランスパンを食べていると、食べた断面の様子が鍾乳洞のようで、つい見入ってしまう。

食べてはまた形が変わるので、また見る。
見てるうちに、いまある穴のその先が気になるので、またその先を食べて見る。
あ、隣の穴と繋がった。。
そんじゃまたその先を、、、という具合でやってます、金曜日の天パです。

ちゅーてももう日曜日。
金曜日はTurkey A Go Goのリリースパーティを渋谷BYGで。
大盛況ありがとうございました。
BYGならではのアットホームな雰囲気でええ時間でした。
いよいよリリースされて、どんなふうに受け留めてもらってるか、ライブでどんなふうに曲が変化してくのか、そのへんもツアーの楽しみっす。
ぜひライブ会場でTurkey A Go Goを体感してくださーーーい!

ほんなこつ昨日から福岡へ来てまんねん。

金曜日のリリースパーティから別のイベントで朝までセッションして帰宅。
そっから子どもと朝の散歩に出かけてからちょい仮眠。
またすぐに起きて羽田空港から福岡市民会館までずずい〜とやって来て、リハ〜サル。
ふらふらになりつつリハ終わりにモツ鍋食べて気絶!
すっかり気持ちよく今日の本番を迎えております。

博多ラーメンの店の前を通るだけで、ツーーーンと豚骨スープのあの匂いがしてきて食欲をそそるねんけど、そもそもなんであんな臭いのが美味いんよ!?と、最初の頃は思ってた。
でも、「臭いけど食べてみたら美味い、、」っていうのを繰り返してるうちに、
「臭いほど美味い、、」みたいになってきて、ついにはあの臭い匂いを嗅ぐと腹が鳴る。

でもおれはあの豚骨スープの匂いを嗅ぐと、小学校の頃に運動場の端に取り壊されず残っていた『ぼっとん便所』の匂いを思い出すのだった。
『ぼっとん便所』というのは汲み取り式の古い木造のトイレで、大の方の穴は空恐ろしくなるような深い闇をたたえていて、うちの学校はその当時で創立100周年とかだったから『ぼっとん便所』も相当な年季の入りようで、有無を言わさぬ妖気を漂わしていた。

そして運動場から1番近いという立地から休み時間とかたまに使うけど(男子のみ)、なんせ匂いが強烈でトバされる。
用を足す時には、まず胸一杯にフレッシュエアーを吸い込みトイレに突入!
息をゆっくり吐きながら用を足し、酸素切れに陥った場合はなるべく口で細かく呼吸してつなぎつつ、鼻からは決してエアーの侵入を許さずトイレを脱出!
ぼっとん便所から出たときの空気の新鮮さは格別に感じたものだった。

臭い系のラーメン屋の前を通ると、なぜかこのぼっとん便所の記憶が呼び起こされる。

ラーメンと便所を一緒にすなっ!と怒られそうやけど、頭ん中ではそうなってるんだから仕方がない。
その匂いのどこかに共通するなにかがあるのか、、なんで豚骨スープとぼっとん便所が自分の中でリンクしてるのか、、不思議だなぁ。

では本番いってきま〜〜す!

今日はずっと仲良くさせてもらってる西南学院の吹奏楽部の定期演奏会のゲスト♫

IMG_8284

Read More

遅れてきた金曜日よりの使者

自分で握ったオニギリは、手でご飯を掴んで食べてるような具合で、指の隙間からぱらぱらと米が具がこぼれ落ちて、なんせ食べにくい。
包んできたサランラップでこぼれ落ちる米を具を受けつつ頬張っていく。
もっとぎゅっと握るもんなんやろな、、とオニギリの秘密を知った43歳天パの朝。
今日は岡山県津山市おかやまファーマーズマーケットでのHanafes17’に出演するのに横浜を早朝出発したのだ。
久しぶりの車の移動の時間を愉しみ中。
願わくば、ここでレコードが聴けたらええのになぁ。
そういえばずっと前、武田真治くんのツアーに参加してた時に、そのバンドでコーラスをやっている黒人女性は新幹線の席で、携帯用にしては結構大きめなスピーカーを、両手の肘置きの先に自分のほうに向けて配置し、そしてダンスミュージックを放射!
気持ち良さそうに移動時間を愉しんではりました。
その潔さに新幹線の車内でありながらも違和感は感じなかった。
あぁ、いいスピーカー欲しいなぁ。
もう少しでTurkey A Go Goのリリースツアーが始まるというのに、いろいろあってまだ手元に完成品のアルバムが届いてない。
22枚もアルバムを出していればいろいろある。
リリースツアー初日にアルバムがなかったことも1度あった。
でも人間の脳とは、そんなボケをかましたことをも楽しい記憶の上塗りで痛みを薄めてしまうのか、そんな失敗が活かされることなく今回もがっつり土俵際の勝負になってます。
でも今回は必ず白星なんで大丈夫っ!
って言われても安心できないかもですが、今回は全盛期の千代の富士の取り組み並みに安心して大丈夫。
そんなわけで、アルバムの到着をとてもとても楽しみにしてるのです。
14日から始まるツアーで、全国の皆さんと一緒に楽しみたい、いい時間を分かち合いたい。
乾杯しましょ。
p.s
先月5歳になった息子の誕生日祝いの自転車が昨日到着した。
かっこいいBMXで自分も欲しくなった。
そして写真は8歳の誕生日のおれ。
bmx
まだ天パちゃいますねん。
映画『ET』に出てくるBMXに憧れて買ってもらったのだった。
それにしてもチョッキにひもネクタイのおぼっちゃまくんスタイルにオフロードなBMXとのギャップが笑。
この自転車は乗り倒した思い出のBMX。
知らない間に息子に追体験させてたんだなぁと気づく。
こんど息子と『ET』観てみよう
Read More

金曜日よりの使者

今年の『あかいやねMUSIC CAMP』もいっぱいいっぱい遊んで、内容もとてもとても充実の『あかいやね』らしい『あかいやね』になりました。
集まってくれたお客さん、参加者の皆様、スタッフの皆様に深い感謝とリスペクト!

個人的な今年の珍プレーは、いつも飲み会で最後に流れ着く『喜久』(キク)というお店で携帯を忘れたことだった。

『喜久』に行くのは大概は打ち上げの二次会か三次会で、したたかに酔っていて、建設的な話は全くせずに、ひたすらふざけている、、、気がする。
翌日は喋り過ぎて声が枯れてるか、笑いすぎで顔が筋肉痛かどちらかが多い。

ほんと居心地の酔い店で、我々はいつも座敷に陣取ってわいわいと、笑いが絶えない宴を繰り広げている。
店には猫もいて、たまに座敷にやって来て、座ってる周りをうろうろしたりとても和む。

カウンターのほうはあまりに雑然と物が積まれているので、初めて来た人は大体びっくりする。でも店の全貌が酒の効能と、その雑然さのおかげで曖昧にしか記憶できない。
うる覚えながらも、その雑然とした雰囲気が『グレムリン』という映画の最初のシーン、香港の路地裏の怪しい骨董屋でギズモ(グレムリンというかわいい顔のモンスター)に会う、あの店の雰囲気に似てる。
そんなことより何より言いたいのは、喜久は家族3人でやってるんだけど、ほんとみんなめちゃめちゃ親切。やさしい。これぞ底抜けのやさしさ!

マスターの風貌も、もう何歳なのかわからないミステリアスな皺とクリっとしたやさしい目で独特の雰囲気を漂わしている。
「わしは若い頃、上海の租界で大魔術師ヤスダと呼ばれて上海で知らない者はいなかったっち」と言われても、「やっぱりそうだったんだ、、」と、合点がいく感じといったらわかるだろうか。

次男もまた、親切の上に優しい男で、いつも酔った我々をホテルまで車で送ってくれる。
めんどくさい酔っぱらいの我々なんて、外にほりだしときゃいいものを、何時だろうが懇切丁寧に送ってくれる。
ホテルに帰る途中で寄ってもらったコンビニで飲み物を買おうとすると、その代金も払おうとする。驚!
いやいや、それは大丈夫です。と丁寧にお断りしても、いやいやそれは、といってレジでお金をさっと払ってしまう。驚!
なんというか、お世話になりっぱなし。
というか、知り合って12年間いつもお世話になりっぱなし。w
どうやってお返しをしたらいいのか。。
でも、「もてなす」とはきっとそういう見返りを求めるシーソーゲームではないのだ。
そういうことを次男は行動をもって教えてくれる。
たとえ相手がふざけた酔っぱらいであってもその誠意がゆらぐことはないのだ。
そして車を降りた僕は深い感謝の気持ちを抱きつつ自分の部屋へ帰っていったのだが、、

部屋に入ってポケットをまさぐる。

携帯がないざんす〜泣

あ、う〜〜〜ん、と2秒程熟孝すると、歩いて店に戻ることにした。
車で送ってもらった道をまたふらふらと歩いて戻った。

店に戻ると、店仕舞いしようとしていたマスター達も驚いた顔。
コイツまだ呑み足りないのか!?と思ったのかもしれない。
で、携帯を忘れてきたことを告げる。
ちょうど携帯の電池が切れてかけていたので、店のどこかのコンセントに挿したはずだけどみつからない。
店の電話からかけても鳴ってるけど音は聴こえない。
そのうちいよいよ電池がなくなったのか、すぐに留守電になるようになった。
う〜ん、やっぱり部屋に持って帰ってきたたのかなぁと、だんだん自信がなくなってきたのと、もう時間も遅いし店に迷惑だなと思って帰ることに。

そうすると、また次男がホテルまで送ってくれるという。
さすがにもう大丈夫ですと、言ったが次男はやっぱり送ってくれた。
そのうえ、ホテルの部屋に一緒に行って携帯があるかどうかを確認までしてくれた。
でもやっぱり見つからず、、、
ほんとに残念そうな表情の次男を、僕は自分がふがいない気持ちで見送ったのだった。…

Read More

金曜日よりの使者

レコーディングが終わって、なんだかぼ〜っとしてる日々が続いてる。

とはいっても、まだニューアルバムのジャケットやツアーフライヤー、ツアーTシャツや、その他もろもろの連絡など結構たくさんあって、ずっと電話やメールしてる感じ。
そんないろんな連絡に追われつつ、セッションしたり子どもと遊んだり、曲書いてみたりして日々過ぎていってるっす。

年中、いろんな所に行って忙しくしてるから、こうやってしばらく時間があくといろいろなこと考えたりして不安になったり、反省したり。
周りからはそんなふうに見えないだろうけど。w
そんな煮え切らない精神状態から脱却しようと曲書いたり。
そんなでも、鍵盤に向かってるうちに今日もいいアイデア思いついたし、結果オーライなことも。
レコーディングで自分の中のアウトプットをいっぱい使ったので、どこか疲弊した部分がゆっくり通常に戻っていく途中のような。
最近、中島らもばかり読んでるのも影響してるかな。w

ともあれニューアルバムはそろそろ完成。

今回のジャケットは久しぶりの写真ですねん。

BB-27

衣装はいつもGood Vibesな優しい友達、五十嵐くんに頼んだ。
五十嵐くんはV6のスタイリングをずっとやっていて、BBBBの撮影の翌日の現場はアカデミー賞授賞式というギャップもなんか面白い。
BBBBで衣装を誰かにスタイリングしてもらうのもめっちゃ久しぶりやったんで、そうとうアガったなぁ。
メンバーみんないい感じにハマってて、こういう衣装でもライブやりたいなぁ。
また雰囲気違ってきっと楽しんでもらえそうな気がする。

4月14日からのリリースツアー、ぜひぜひ皆様遊びにきてアルバムゲットしてください。
よろしくお願いしまーーす!…

Read More

遅れて来た金曜日よりの使者

金曜日のマスタリングでレコーディングは終了。
今回の録音エンジニアのウッチーの師匠である、田中さんのマスタリング技術を真近で見つつ聴きつつ、オーディオや音楽の話を交えながらいろんな話をしてくれて、いい時間を過ごしました。

そして出来あがった音はとにかく気持ちよく、自然に踊れちゃうアルバムになったなった、なっちゃいました出来ちゃいました〜〜〜〜〜!
あぁ、早くジャケットもできて、完成したのを聴いてもらいたい〜

一昨日はジャケット撮影してきたけど、それも今回は久しぶりぶりに写真を使うとのことで、衣装も用意してもらって面白く撮影してきた。
これもどんな出来上がりになるか、、w

IMG_7458 IMG_7465

制作が終わったばかりだけと、なんか録音が楽しくて、もっとレコーディングしたい気分。

録音してみるとbbbbの変化もわかったなぁ

このアルバムを持ってツアー回るんが楽しみ。

4月14日、渋谷BYGよりリリースツアー、全国の皆様と乾杯したい〜♪

そして今年もやってきました、大分県は豊後大野市での
『あかいやねMUSIC CAMP2017』
今年で10回目。
濃ゆい思い出つくりましょ〜
あかいやね2017

Read More