金曜日よりの使者

IMG_2546
25周年アルバムのレコーディングが始まった。
今回のアルバムが23枚目?
ベスト盤の3枚を除いても20枚もアルバムをつくってきたのかと思うと、
「そんなにやったかなぁ、、」と思いつつも、それぞれのアルバムのレコーディングの様子が走馬灯のようにチラチラと思い出してきて、現実に戻る。
それ以外にもカセットテープの「Street Get Music」シリーズでも10本(70曲ぐらい、itunes storeで聴ける)もあるし、bbbb以外でも結構レコーディングはやってきた。
なのに、やっぱりレコーディングとなると、最初はどこか落ち着かないし、平常ではない。
25年やってきてもそんなもんだ。
何もないところから曲を書き、自分たちで演奏して、それがテープに写しとられる。
それを再生すれば、初めて聴く音楽が立ち上がる。
当たり前のことながら、不思議だなと思う。
新曲をリハーサルスタジオで音出ししてみて録音していても、その曲のキャラクターの詳しいことはよくわからない。
人に例えれば、目鼻立ちがうっすらわかる程度で、その性格もそんなに話したことがないから、何となくしかわからないなぁって感じ。
それがレコーディングスタジオで録音すると、顔も背丈もどんな服を着て、どんな性格なのかっていうのもはっきりしてくる。
そしてこっからツアーを共にして演奏していくうちに、顔や性格が変化していったりそれぞれの方向に育っていく。
育っていくうちにウマが合わず、フェイドアウトするやつもいる。
曲はそういう一つのキャラクターで、それを生み出すのは楽しくもあり、責任は、、あるのかなぁ、、でも、どこかにそれを感じているから落ち着かない気分になったりするのかもしれないなぁ。
昨日録ったYUTAの曲は、イントロでおれがアルトサックスで哀愁なメロディを吹くんだけど、ふと頭にこんなストーリーが浮かんだ。
映画や本でよくある手法で、時系列の一番最後から始まって、そこから遡るっていうやつ。
朝、駅から家までの道を身体を引きずるようにして歩いてる。
一日中、街のあちこちを渡り歩いて人に会い、話したり演奏したり酒をのんだり、、、っていうのを繰り返した。
楽しかったけどすっかり消耗してヨレヨレだ。
家にゆっくりと身体を運びながら、いろんなことがあった1日のそれぞれのシーンを思い出している。
そんなイメージが浮かんだ。
こうやって作者の意図とは違う想像を楽しめるのも、歌詞のないインスト曲の面白いところだ。
レコーディングは順調に進んでいて、来週からはミックスダウン作業。
ミックスでバランスを整えたり、それぞれをブラッシュアップさせたりして、それぞれの曲の個性がより際立ちだすと、今回のアルバムの全貌が見えてくる。
とてもとても楽しみなミックスダウン。
アルバムジャケットも来週にはあがるかな。
もろもろお楽しみに〜〜♪
IMG_2550
Read More

金曜日よりの使者

温いと思って座った便座がめっちゃ冷たい時、背骨の周りがゾクッとする。
巷に溢れかえるウォシュレットのヌクヌク便座に甘やかされたオレの尻は、冷え切った陶器の便座に喝を入れられて、身も心も引き締まる。
冷たい便座は座った瞬間、うわっと思うけど、しばらくすると、冬の外気に晒されながら裸で寒風摩擦にいそしむような、ストイックな爽快感が無きにしもあらずだ。
でもやはり便座は暖かいほうがいい。
あまりにも冷たいと、そのショックで心臓発作などを引き起こしてしまうこともあるのかもしれない、、、
便座に座って、ヒンヤリ、、
うわっ!冷たい!
あぁ、息ができない、、、苦しい、、
って、それは辛い。
助けを呼ぼうにもズボンを上げることも出来ないかもしれない。
そのまま誰にも見つけてもらえずだったら、、
やはり便座は暖かいほうがいい。
新年の挨拶的なblogを正月に書き始めていたのに、アップしないままもう一月も半ばを過ぎてしまった。(注:上の文章ではない)
怒涛の年末から享楽の正月、25周年アルバムの新曲リハの締め切りに、新年会的なパーティやセッションなどが、十二単のように重なり合い、心身共に浮き沈みの激しい毎日だったけど、ようやく落ち着いたような気もする天パです。
新曲の中で録る曲も決まり、箱根的にはここまでは往路という感じで、こっからの復路(スタジオでの録音本番)でどんなドラマが、そしてどんなゴールが待っているのか。
羽化を待つ蛹を見守るようなワクワクな気持ちであります。
そういえば、息子の昆虫好きに感化されて、図鑑や動画を見まくってるうちに昆虫の曲ができて。
アルバムには入らないけど面白い音楽になったんで、どこかでやりたいなぁ。
管楽器が多いほうが楽しそうなんで、吹奏楽やオーケストラ編成、もしくは個性派なミュージシャンを集めてドバっとやってみるとか、機会を見つけてやってみたいなぁと思ってます。
25周年なBBBB。
リリースは3月9日!
どんなアルバムになるのか、、ぜひ一緒に楽しんでもらいたいっす!
今年もよろしくお願いします♫
p.s
今日は兵庫県神河町にいます。
明日は神河町グリンデルホールで14時から祭り開始!!
IMG_2430 IMG_2431
どこの芸人さんだと思ったらYassyだった件。
明日は地元のみなさんともjointしま〜す。
さらにp.s
1月23日、セイヤとやってるバンド、「横田誓哉と米子トリオ」のライブが渋谷ROOMであります。 20時から投げ銭でやってるんで、生音を浴びに来てください。
くわしくはこちら
https://www.facebook.com/events/1532881370133723/
Read More

早めに来た金曜日よりの使者

旅で擦り切れたスーツケースを新しくした。
今回は初の四輪キャスター型。
荷物を満載して重くなった四輪キャスター型のスーツケースで下り坂はやばい。
スーツケースの重さに引きづられて、こちらが歩くスピードも上がり、スーツケースを真っ直ぐ進むように安定させようとするが、潤滑な四輪キャスターはクルクルと一回転したり、路面に合わせてあっち向いたりこっち向いたり、そのスーツケースのバーを離さないようにしっかり握っていると、まるで一緒にダンスを踊っているような、いや、あの、キャスターの路面を滑る感じはフィギュアスケートに近いかもしれない。
力強い男役に手を引かれながら、クルクルと踊る女役になった気分になりつつ、駅へと急ぐ。
神戸へ帰りまんねん♪
29日30日は神戸チキンジョージで『チキンデスロック2017』
神戸でお祭り、楽しみましょ〜〜♪

10周年記念手ぬぐいはチキンジョージでの販売のみ!限定100枚な〜り〜

お待ちしてま〜〜〜す!

チキンデスロック手ぬぐい 2424
Read More

金曜日よりの使者

12-22BBBB

12月は『ワッショイブギ』の更新の時期になっていて、次はどんなアレンジにしようかと頭を悩ます。
曲の本編はあまり大きくは変えなないけど、テナーサックスのソロ部分や、そっからのワッショイ番長の呼び込みなどにちょこちょこと有名曲のリフを差し込んでる。
2017年バージョンはテナーソロ部分はキャロル・キングの「you got a friend」で、番長呼び込み以降は、マイケル・ジャクソンの有名曲のリフを使ってる。
2018年はどうしようかとyoutubeを観てたらカーティス・メイフィールドが飛び込んで来たので、カーティスにしようといろいろ聴いてたら、ほんとこの1973年近辺はソウルもファンクも歴史的名盤だらけやね。
アレンジも忘れてyoutubeで聴きまくる。
あー、おれも名盤作りたい!
無駄な音がなくて、一個一個の音が心地よーく沁みていく、太くて優しくそこにある感じの音像。
最近の音圧高めの硬い音じゃないから何度も聴きたくなる。
youtubeでは飽きたらず、レコードで聴きたくなる。
そう、いい音楽はレコードで聴きたくなる。
bbbbも毎回、レコードを作る話が出るけどまだ作ったことがない。
レコードも作りたいなぁ。
ずっと前にボ・ガンボスのキョンさんと、クロマニオンズの甲本ヒロトさんとbbbbでsex pistolsの曲を日本語カバーした曲があって、それを7インチで出したいなぁ。
そんなふうに、youtubeと妄想を行ったり来たりしてるうちに何となくアレンジも進み、あの人のヒット曲なども挿入したりで今年のバージョンも出来上がりました〜♪
お披露目は22日の渋谷BYG。
今は次回アルバムのための新曲制作真っ只中のbbbb、そんな最前線の新曲をちょこっと披露するよ〜ん。
まだレコーディングしてない初々しい音楽を聴いてもらいたい〜。
いつもは聴けないyassyの曲も聴けるのか〜〜〜!?w
22日はぜひBYGに、お越しお待ちしておりやす!
あ、そうだ。
30日の神戸チキンジョージでのチキンジョージブラスバンドの課題曲のストロベリー・ダンスアワーの動画を昨日撮ってアップしたのでぜひ観てちょんまげ!
Black Bottom Brass Band
『ストロベリーダンスアワー』
チキンブラスもまだまだ参加募集中!
みんなで音出す楽しさ味わってや〜〜
そういえば30日のゲストのDEPAPEPEとのセッション曲のアレンジもかかないとなぁ。
こうやってアレンジを書いた曲を、当日みんなで音だして合わせてみた時に、想像以上に面白い音楽が出てきたりして、そんな時ちょっとぞくぞく気持ちいい。
29日のゲストの日食さんとは、彼女のアルバムやライブで何度かコラボしてるけど、日食さんと初めての録音でスタジオで一緒に音出してみた時もぞくぞくした。
日食さんとBBBBも相性いいのでお楽しみに〜〜
Read More

金曜日よりの使者

一気に寒くなった。あぁまたこの季節がやってきたか、、と眩しい朝日を浴びながら布団の中でつぶやく。
気力をかき集め一気に起きる。
震えながらささっと着替えて寒さに凍れる。
よし、、おはよ〜、、なんとか起きる。
ちゅうてもここは神奈川。摂氏なんとかではなく10度くらいはあるかも。
神奈川でこれなんだから北海道はなまら寒いに違いない。
いつもそういう想像はしてみるが、冬の北海道に暮らしてみたい。
引きこもりになってしまいそうな気もするけど、冷えてスキっとした空気が気持ち良さそうだ。
でも実際は気持ちいいなんてもんじゃなく、もっと厳しい寒さにおののくに違いない。

なんせ10度で震えてるような温室野郎だし。。

冬の北海道では、朝から除雪車が道路を行き交い、左右に大きな雪塊を果てしなく作りながら除雪している。
その高々とした雪塊の横を小学生が通学している。
この寒さ、積雪、滑る道をわしわしと学校に向かって歩いていく小学生を見ていると、自分だったらと思うと気が遠くなる。。
この子達には毎日の通学路でも、心身ともに温室育ちのおれにはアラスカの荒野を行く植村直己の気分に浸れそうだ。
J-WAVEで細野晴臣さんの音楽が流れてる。
浮遊感のある不思議な曲でとても心地よくて印象深い。
いいなぁ、細野さんとBBBBでコラボしたいなぁ。
寒い寒いこんな朝は電気毛布にくるまりながら、『チキンデスロック2017』でのチキンジョージブラスバンドの曲を編曲。
今年はBBBBが結成当時よくやっていたDirty Dozen Brass Bandの曲をピックアップ。
懐かしく思いつつも、聴き直してみると24年前に初めて聴いた時の「あ、これやってみたい、、」と思う気持ちを思い出した。
あの音楽を聴くとつい動き出したくなる、そんな装置がついてるかのような。
みんなで音出したら最高な予感MAXでがんす。
神戸チキンジョージで待ってまーーーす♪
今年の課題曲はこれ!
Dirty Dozen Brass Band
『Voo Doo』
https://www.youtube.com/watch?v=qUkku6XjAcg 

『Hannibal』
https://www.youtube.com/watch?v=pgftHLenQv4 

この二曲をメドレーでやります。
BBBBバージョンも近日公開!

Read More

ずいぶん遅れてやってきた金曜日よりの使者

ずいぶんブログをさぼってしまった。
11月になってさらに時間の流れが加速したように感じる。
師走に向けてもう走り出していて、気づいたらもう正月というやつだ。
9、10月のBBBBの怒涛のスケジュールがひと段落したと思ったら、今度は25周年アルバムの曲作り。
旅から帰って、家にいる時は子どもと遊ぶ、セッションする、曲を書く、のローテンションを繰り返す。
それぞれ深く楽しみながら。

外にでて遊んでいて、いろんな刺激が自分の中でMIXされてドリップされる、そこに広がる模様のような意外性がある曲に興味がある。
最初の音を書いたとこから、ベースラインもハーモニーもそこからつらつらと流れて出てくるのによくある予定調和ではなく、意外な方向に展開していったりするともう楽しい。
頭で考えると、考えるほどお決まりのパターンに着地しやすくて、それはもう枠としては安定していても、わくわくはしない。
自分の中からでてくる意外性に驚き、それを面白がってるうちに最後まで書き進めれば自然とその曲がキャラクターとして浮かび上がってくる。
そして、実際はそれぞれのパートを癖のある人間達が演奏して音を混ぜ合うわけだから、その音の波間はもっと複雑で曖昧で面白くなる。
20年前にはこんなふうには書けなかったし、もっと曲を書くことがしんどかった。
今みたいな心境で曲作りを楽しんでるのは、やはり25年やってきたということなのかなぁ。
どんなアルバムになるのかわからないから面白い、わからないからやってみたい。
そして聴いた人がいい気持ちになってくれたらもう最高。
そんな日々をすごす天パです。

先日、44歳の誕生日でメッセージをくれた皆様ありがとうございました。
44歳の誕生日は息子と虫捕りで公園の樹々や草むらを凝視して、必死で昆虫を探しているとは20年前には思いもよらなかったなぁ。

写真は20年くらい前のニューオリンズのDonna’s Barでのライブの時の。
隣のドレッド君はニューオリンズの人ちゃいまっせ。w
紅葉の季節、変化を楽しむ季節。

Harvest 037

Read More

遅れてきた金曜日よりの使者

昆虫のシーズンが終わろうとしてる。
もうこれからどんどん寒くなって昆虫たちは死んだり、越冬に備えて土や木の中に隠れたりして姿を見せなくなる。
詳しいことはわからへんけど、子どもと虫捕りをしている体感的な感想だ。
息子が夢中で昆虫図鑑を見まくっていて、自分も見たり捕ったりしてるうちに昆虫の不思議に興味が湧いてきた天パです。
最初はそれぞれに進化した形や色に惹かれ、知るうちにそれぞれの習性や生き抜くための智恵に驚く。
知れば知るほど深遠な昆虫ワールドに、そりゃハマるわと納得すること然り。
今はカマキリのシーズンが終わりかけの時期。
草むらの王者がもうすぐ見れなくなると思うと寂しい。
キリギリスもいい。
キリギリスはバッタに似てるから草食だと思ってたけど、実は肉食で虫を食べる。
草むらでキリギリスを見つけると興奮する。
カマキリの場合は見つけさえすれば捕まえることができるけど、キリギリスの場合は見つけても草や落ち葉の下に下に隠れてしまうので、なかなか捕るのは難しい。
だからこそ捕った時の喜びもデカイ。
カナブンやコガネムシの種類はいろんなバリエーションがあって楽しい。
綺麗な玉虫色に光ったコガネムシが地面に掘った穴を出たり入ったりしてるのを見つけるとめちゃ嬉しい。
ほんとに綺麗だなぁとじっくり観察する。
でも標本が欲しいとは思わない。
やっぱり生きていて、動いているから惹きつけられるようだ。
カブトムシやカナブンなどの甲虫は死んでいても外見は変化なく見えることが多い。
見た目は死ぬ前と変わらないのに、もうその体は抜け殻で命が入ってない。
生きてる時と同じに見えても、死んだら何だか重さも軽くなったように感じる。
そんな不思議にも惹かれてるのかも知れない。
こんな話を書いていたら、夏に飼っていたカブトムシのチイ(幼虫から孵したカブトムシで、小さかったので息子がチィと命名)が死んだ時のことを思い出して悲しくなった。
身体は小さくてかわいいのに、他のデカいカブトムシを押しのけて蜜を奪いに行くガッツのあるやつだった。
でもカブトムシは1年の命なので6月に孵化した成虫も9月や8月の終わりあたりには必ず死んでしまう。
今年は家で孵化したのがオスばかりだったんで卵ができなかったが、またどこからか幼虫をもらってきて来年に備えなくては。
クワガタも孵化させてみたいなぁ。
どなたかクワガタの幼虫をわけて下さいませんか?

p.s
こんな雨の日にはAhmad Jamalでゆらゆらrelax♪
えんじょい日曜日

https://www.youtube.com/watch?v=9Eedjzq94KM&list=FLaH0pAbdYbYtHHKy_gdk4Ug&index=25

Read More

金曜日よりの使者

夜の高速道路を次の目的地へ、バンド車はひた走る。
オレンジ色の灯が近づいては遠ざかる。
移動中、音楽を聴いたり映画を観たり、本を読んだり、寝たり、それでも着かないような長距離の時は、もうどれにも飽きてしまって最後は何もしようとしない境地に達する。
最近、カンフー映画にハマった。
寝不足になりながらもカンフー映画に齧りついている。
小学生の頃、ジャッキー・チェンのカンフー映画全盛期だったんで、その頃のテレビの擦り込み教育が行き届いてるのか、やはりカンフーへの憧れは捨てられないのだ。
あのテンポの良さとスピード感。
カンフーの達人のような動きをしてみたい、、、
ブルース・リーのような顔をした友達は何人か居たが、誰もあんな動きは出来なかったし、どちらかというと、ただ痩せてるだけのふがいない奴らだった。
でも自分が今から修行を始めるにはもうおそらく遅いだろう。
となると息子に夢を託し、少林寺に預けるかと言うとそれも多方面から怒られそうだ。
近くにふらっとカンフーの達人は居ないものか。。
きっと、、達人は早朝の朝靄煙る公園で、静かに型の稽古などしているはずだ。
そこで出会い、弟子にしてもらう。
達人はきっと生徒募集の看板も出さないし、ネット広告などもやらないから、やはり早朝の公園を探すしかない。
そうして探してたら達人より、おれと同じような達人探しをしてる人に会って、話が弾んで友達になったりして。
また、そっちのほうがずっと面白かったりして。
そいつとブルース・リー似の友達集めてバンド作って、カンフーへの憧れを歌にして配信しちゃったりして。
と、、そんな妄想に怪しくニヤつくのを隣に座ってるセイヤに悟られないように。
今は神奈川から富山まで移動中。
明日は近頃ますます絶好調なbbbb featuring 綾戸智恵で富山県はクロスランドおやべでライブです。
新曲も携えて、明日はどんなセッションになるのか楽しみです。
ぜひおいでやす!
p.s
10月22日に兵庫県は加東市のピンクハウスという、ピンクのグランドピアノと美味しい料理の素敵カフェでライブやります。
年の差はあれど20年来のダチ! 敬愛するピアニスト竹下清との二人ライブ。
会うだけでも嬉しい友達と、一緒に音楽でも遊べるって最高やなと思います。
今回は沁みる選曲で。
お近くのかたは是非〜♫
Read More

金曜日よりの使者

岐阜県関市の安桜山からこんにちは〜〜
DCIM100GOPROGOPR0174.JPG

DCIM100GOPROGOPR0174.JPG

飛行機が離陸する時の『G』を感じると眠くなる。

もうパブロフの犬だ
重力に壁ドンされるような、抗えない感じが独特で嫌いじゃない。
雲の中に入ったりすると、空を飛んでるはずなのに、岩か何かに硬いものにぶつかったような「ガタン、ガタン」と悪路を車で走ってるような衝撃がある。
空気しかないはずなのに、何かにぶつかったのかなと思う程の質量のある衝撃だ。
あれはなんでそんなふうになるかとわからないぶん怖い。
こないだは上下に激しく揺れた時があって、もうこれ以上揺れたら上から酸素マスクが落ちてくるんちゃうかと思った。
揺れの動きは遊園地の絶叫マシンに似て、腹の下あたりがゾクゾクする。
でも悪天候を飛ぶ飛行機の場合は、自然が相手なので予想がつかない。
ゾクゾクどころか背筋が凍る怖さなのだ。
ゾクゾクといえば怪談。
怪談やホラー小説でゾクゾクするのは楽しい。
実際には身の危険がないのに、あんなにゾクゾクするっていうのも不思議だ。
今回の旅に持ってきた本は中島らもさんのホラー小説。
ゾクゾクの快感を楽しませていただきやした。
IMG_0686
p.s
10月4日は渋谷ROOTSで『MONKY鑑賞会』やります。
タモ専務とセイヤ(DRUM)のリズム隊に白石才三と越野竜太のツインギターという、どんなセッションになるのか予想もつかない面子でやります。
ぜひ遊びにきてくださ〜〜い!
そして10月7日にはセイヤの地元、米子Moon&Spoonで同じくタモ専務とセイヤのリズム隊に関西からキーボードの岩井ロングセラーを招いて『横流-yoko stream-』というセッションやります。
米子でセイヤのドラムプレイを観る希少な機会をお見逃しなくっ!
Read More

遅れてきた金曜日よりの使者

ふ落語でこんなシーンがよく出てくる。
泥酔している酔っ払いが、「おれは酔っ払ってなんかいませんよーだ、ヒック」と言いながら、酔っ払いらしい理不尽さで、店の亭主に絡み続ける。
酔ってる人ほど口では「酔ってない」と云い、酔ってない人ほど「酔ってますからもう結構です」と云う。
そんな噺を聞くたびに、落語らしく大げさに言っているなと思ってたけど、そんなことはないらしい。
「酔っ払ってる」ということは他者から見た状態であって、こちらはビール一杯しか飲んでなくても、他者から見て「酔い」を感じれば「酔っ払い」なのだ。
「MONKYさん、酔っ払ってますね」と、言われることがあるけど、自分的には全然「酔い」を感じてない時がある。
「え?おれそんな酔ってる?」と思う。
つまりは冒頭の落語の状態で、相手は自分のことを酔っ払いと思っているのに、こちらは「酔ってませんよーだ、ヒック」という状態なのだ。
自分では落ち着いてると思っていても、話出したらやたらと饒舌だったり、途中で何を喋ってたのかわからなくなったりして、そのうちに自分の「酔い」に気付く時もある。
20代の頃からコツコツと呑み続けてきて、すっかり洗練された酒飲みになったつもりだったが、うっかり落語的な酔っ払いだったらしい。
酔っ払いが出てくる落語では枝雀師匠が好きでよく聞いていた。

桂枝雀『上燗屋』
http://www.youtube.com/watch?v=V63A6_FLlww

今日は韓国へ。
台風は大丈夫かなぁ
いってきまーす!

 

 

p.s

10月4日に渋谷ROOTSで『MONKY鑑賞会』やります。bbbbでやってないオリジナル曲やスタンダードを踊れるアレンジでお送りしやす。 bbbbとは違うタモツやセイヤのプレイも堪能できるはず!ぜひ皆さま遊びにきてくださ〜〜い。

10月4日(水)『MONKY鑑賞会』

●渋谷 ROOTS(東京都渋谷区宇田川町11-6 渋谷宇田川KKビル3階)

●Open 19:00 / Start 20:00~(2set)

●1,000yen(w/ワンドリンク)+愛の投げ銭

●出演
MONKY(Sax : Black Bottom Brass Band )
TAMOTSU(Sousaphone …

Read More