台風め!!!

昨日は、台湾のフェスだったんですが、先週はじめに発生した台風9号の影響で中止に・・・

久々の台湾だったので、楽しみにしていたのですが、残念です。

 

台湾がすごい被害を受けてるのをTVで見て、、、台風め!!!

日本あっちこっちで、台風による影響を見ていると、、、台風め!!!

この時期の台風は、どんな動きをするか分からない言われますが、5号の迷走ぶりには、、、台風め!!!

 

今週末も、あちらこちらで影響が出そうで心配です。

みなさん充分ご注意下さいね。

台風め〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 …

Read More

酔っ払いたい

アロハイサイ、イギーです。

昨日は富山でイベントでした。
昨年も出させて頂いた市民プラザさん企画での夏祭り。
昨年から連続で見に来られたお客さんも多数いらっしゃって、嬉しかったなぁ。

終了後会場でプチ打ち上げして、自宅に着いたのは午前4時。

それから1時間ちょっとアレンジして爆睡。

 

起きてからはまたアレンジして、これまた近所の夏祭りに行って、アレンジ手直しして、ようやく終了。
頑張った頑張った→自分で言う言葉ではない。
さて酒飲んで酔っ払うぜぃ。…

Read More

金曜日よりの使者

藤岡ひろゆき、という人がいた。
BBBBができた年、1993年の大晦日。
大阪は心斎橋の戎橋(グリコの看板にところ)の側にあるビルの、とある外人バーでBBBBはカウントダウンライブをやっていた。
戎橋ではよくストリートライブをやっていて、毎回すごい盛り上がってた。
なのですぐ警察がやって来て演奏を止められるんだけど、他所とはちがう熱気のあるこの場所が好きでよくやっていた。
そのストリートライブを見た外人バーの店長に、カウントダウンライブをうちでやらないかと言われて二つ返事で引き受けた。
外人バーは盛り上がるし、なにより演奏で仕事がもらえるならどこでも良かった。
夏(たぶん8月くらい)に立ち上げたBBBBはまだまだ曲数も少なく、ストリートライブ以外のステージの経験も学園祭ぐらいしかなかったと思う。
その大晦日の外人バーをふらっと訪れたのが藤岡さんである。
藤岡さん(以後フーサン)はその日、戎橋の袂にあるキリンプラザホールでイベントをやっている音楽事務所の「株式会社モダンビート」の社長だった。
身長が低くて全体が丸っこく、どこか子どもっぽいので、最初はフーサンと一緒にいた部下の人を社長だろうと勘違いしていた。
そこでBBBBのライブを見たフーサンは、興味をもったらしく、以後いろいろとライブやメシに誘ってくれたり、いろんなミュージシャンを紹介してくれたり、ストリートライブにいろんな業界人を連れてきて営業の仕事をくれたり、音楽業界の右も左も分からないおれらをいろいろと連れ回してくれた。
そうこうしてるうちにBBBBは「モダンビート」の所属になった。
契約書とかを交わしていたのか、当時はそんなこと全く気にしてなかったので覚えてないが、93年の大晦日に出会って以降はしょっちゅう会うようになっていた。
バブルは弾けていたとはいえ、まだまだバブルな人達はいっぱいいて、フーサンの周囲の友達もまたバブルな人達で、ドンペリや高級ワインをポンポン空けていた。
家賃13000円の激安アパート暮らしの貧乏学生だったおれは、自分の生活感とのギャップに居心地の悪さ感じつつも、そんな酒宴の中にほいほいと紛れ込み、シャンパンを啜りながら、いかにも得意げに冗談を飛ばしているフーサンを、不思議な親近感と少しの嫌悪感がない交ぜになったような気持ちで見ていた。
フーサンはパーティが好きだった。
バカ騒ぎを愛した。
節度ある態度で大人ぶるのも好きだったが、羽目を外してヤリ過ぎて相手を怒らせることもしばしばだった。
そんな人間臭いフーサンのことを段々と好きになっていった。
フーサンは関西の大手のイベント会社を辞めて、仲間と「モダンビート」を立ち上げて精力的に動いていた。
フーサンと知り合ってからBBBBはいろんな仕事が舞い込んだ。
それとともにライブでの動員数もすごい勢いで増し始めた。
当時、神戸で育って、バンドをやっている人間にとってライブハウス『チキンジョージ』はまさに甲子園だった。
高校生の頃にギターを弾いてバンドをやったり、ストリートで弾き語りとかしていたおれは、いつかチキンジョージに出ることを熱望しつつも、それはもっとずっと先の事で、現実感なんて全然伴ってない、理想というより妄想だった。
それがBBBBを作って何年もしない間にチキンジョージでワンマンライブをやり、800人の超満員。
メジャーデビューもしてないアマチュアバンドに200万もギャラを払うことになって驚いたのは、フーサンの大の飲み仲間であるチキンジョージの社長、児島進である。
90年代のこの二人のコンビの勢いは凄いもので、はちゃめちゃな狂乱を毎晩のようにリピートしていた。
おれもよく遊びに連れて行ってもらったが、大概は完全にベロベロになるまでいく。
サラっときれいにお疲れさん!なんて夜はなかった。
素っ裸でどんちゃん騒ぎのあげく、酩酊して半開きになったひねくれた目で『けっ!」と周囲に毒舌をぶちまけ、ふざけてからんだ女子大生に一本背負いされて北野坂を転がっていった姿を思い出す、、、それが日常だった。
大体は神戸や大阪のシャレた店でシャンパンやワインでフレンチに薀蓄をたれながら夜は始まる。
フーサンはまたこういう薀蓄が豊富で、よく披露してくれた。
薀蓄を語るときはさも得意げで、その調子にのった様子がどこかかわいらしく愛嬌があった。
この「すぐ調子にのる」ところがフーサンの諸刃の剣で、酒によって増長されたその剣は仲間も作るが敵も作った。
フーサンの口癖は
『働けバンドマン!』と『安心すな、心配すな』で、
どちらも上から言ってるニュアンスなのがフーサンらしいところ。
フーサンのこのバカ殿的なスタンスがおれはキャラクターとあっていて好きだったけど、それが嫌いな人もいただろう。
バンドが育ち、自尊心も育っていくと、こういう言い方が妙にひっかかってくるのだ。…
Read More

マンガ野郎@ぴんくもん

移動の時間によくマンガを読みます

すでに身体の一部と化したマイ愛Pad miniで。

宿泊先にマンガがあれば絶対読みます

ラーメン屋にあるマンガ週刊誌も読みます

そして直ぐに影響されます

昨年はヒカルの碁を読んだ後に囲碁に手を出し

アプリで詰め碁なんぞを少しやりましたが

季節とともに色あせる気持ち

流行とは良く言ったものです

わたし、将棋マンガも好きでして

ハチワンダイバーと月下の棋士を読み終え

完全に将棋モードに入りました

世間の将棋ムーブメントとがっちり合致

ルールも知らない人間が読んでもおもしろいというのは凄いよね

読み終えてもルール全くわからへんけど

リスペクト将棋です

月下の棋士なんて登場人物ほぼおっさん

主人公は若者やけど

おっさんの気迫、おっさんの表情

おっさんの人間味、おっさんのドラマ

おっさんの魅力がギュッと詰まった良作

ハチワンダイバーは

ムチムチした絵柄とバトルマンガ的面白さの快作

共通してるのは変態人間がいっぱい出てきて面白い

というところです

スポーツマンガにはない味がとても好きです

麻雀マンガもよく読んだなぁ

ルールわからへんけど

ギャンブルマンガもよく読みます

ギャンブルやった事ないけど

スポーツマンガは何故だか どハマりしないのです

スポーツやった事ないのに

漫☆画太郎先生作、地獄甲子園みたいなのは好きです

最近はマイフェイバリット10にランクインする、

つの丸先生作、モンモンモンのTシャツをゲットして着てます

台湾に着て行ってやろうと思ってましたが

なんだか台風がきてて雲行き怪しい今日この頃

あの味にまた会いたいなぁ。…

Read More

米子日記

暑いですセイヤです。

やっとこの1週間は土日の富山、台湾を以外休みのBBBBなのですがちょっと他にもやらなきゃいけない事があったり覚えなきゃいけない曲。

そして何より今引っ越しを計画していて物件を色々見て回ったり。

ああ、夏休みしたい。そして朝から夜までクーラーガンガンに効かせて寝続けたい。。

 

地方の人が東京に出てきてびっくりする事ってやっぱり家賃ですよね。
流石にもう相場も分かってるので僕は大丈夫ですがもう住もうと思っても地元の3倍くらいはするのでは。

よくドラマで大学生や若い会社員、若い夫婦が住んでいるマンションだって地方の時は何も疑問に思わなかったですけどこれ大学生一人で住んでるけど絶対20万くらいするよ、、とか余計な事を考えてしまう。

よく希望をあげたりしますけど結局は何が我慢出来るかが一番大事。

まだまだ見つからなそうです。。

 

さて、今週末台湾で溶けて帰ってくるまで頑張ります!…

Read More

ひよっこ

朝ドラ『ひよっこ』にババハマリしてます。

みなさん見てますか?

 

めちゃ泣けるし、ほっこりするし♬

毎日、イイ朝です。

出演者、全員を応援したくなるんですよ〜〜

 

こんだけ朝8:00が待ち遠しいのは、生まれて初めてかも?

 

毎週展開が変わるから、目が離せませんよー

 

茨城弁もめっちゃカワイイし。

ガンバレみね子!!!!!!!

 …

Read More

夏休み

IMG_4618IMG_4600アロハイサイ、イギーです。

今週は久しぶりのまとまったお休みがありました。
という事で伊豆に二泊三日で旅行に行って来ました。

10年以上振りに海で泳いだり、ホテルのプールで泳いだりと、楽しかったなぁ。

 

そんで帰ってきたら、自宅前の公園で毎年恒例の盆踊り&商店街の夏祭り。
やっぱり地元の夏祭りが1番楽しいなぁ。

 

夏休み、満喫しようっと。…

Read More

本気と書いてなんと読む@ぴんくもん

しばらく東京にいます

先日は物凄い夕立に遭遇しました

その時私は近所のツツジの植え込みを覗き込み

ダンゴムシがたくさんいたので子供達と観察しておりました

よくよく見るとむっちゃカッコいい形してるよねダンゴムシ

くるりと丸くなる機能も可愛くてサイコー

してその日はいつもより見えてる数が多く

皆せっせと何処かに移動してるのであります

そして私は信じられないほどのスピードで走る

ダンゴムシを見たのです

音にしたらキュイーン

何度も目を疑うほど

想像を遥かに超えたスピードで走り抜けるダンゴムシ

そやつが植え込みの奥にすっこんだ瞬間

超大粒の雨粒がポポポポときて

あっという間にザザザ

私は2人を抱えてセッセと家路に

ダンゴムシは本気だったのです

生き延びる為に本気で走る。

ダンゴムシの本気は

よっしゃいっちょ本気を出してやるか

とか

これからは本気でやっていこうと思います

といった類に使われる本気とは

質の違う本気でした

あんな本気を出したことあるかな

いや、あれは自分の意思でちょくちょく出せるようなもんじゃないな

リミッターを完全に外して

火事場の馬鹿力的な事だったのでしょう

必死のダンゴムシには悪いけど良い刺激をもらいました

一生懸命

毎日が大切な日々です。…

Read More

米子日記

BBBBで演奏させてもらって5年になりました、セイヤです。

まあメンバーになってるのでさせてもらってもおかしいのですが5年です。
当時が20歳で只今25歳。
20代前半は結構色々な大きな人生の変化があったのですが20代後半は更に大人への道を歩んで行きたいと思っております。
大人らしいってなんだろう。
僕が考える身近な大人だなと感じる事を考えたところ、
「とりあえずカフェに入ってコーヒー飲みながらボーッとする事。」
人によっては学生でもよくする当たり前の行動で、それ?と思う事でしょう。
しかし僕はとりあえずカフェ入って作業するか、とかとりあえずカフェでコーヒーでも飲みながら予定まで時間を潰すか。
という感覚、思考が僕自身に全く無い。大学生という経過をしなかったからであろうか。
しかし周りがよく口にするこの行動に幻想的な憧れを持っていて、田舎者の僕からしたら都会的でアダルトな雰囲気を感じるのです。
そうとなれば行動しかない、なんたって25歳なのだから。
という訳で大人への一歩。
友達とでも家族ともでも無く、たった1人で、かの有名なコーヒーショップ、タリーズへ入りました。
店は何でもよかったのですが僕のイメージでなんと無くスタバよりタリーズを選ぶのがツウで大人な感じがする。
そしてまずは注文。いつもならスタバに知り合いと入ればバニラフラペチーノを注文する僕。
しかしここで大人への階段、エスプレッソを注文する。
これは少し階段を2段飛ばしした様な気もするがどうせなら2段でも3段でも飛ばして大人になりたい。
夏で暑いけれどもコーヒーは温かく無いと飲んだ気がしないと誰かが言って大人を感じた経験からあえて温かいエスプレッソ。
エスプレッソが何かはよくわからない。
「エスプレッソ」
店員「シングルですか?ダブルですか?」
ん?シングル、ダブルってなんだろ。
Tall、Largeみたいなやつかな?
けれどここで聞けば大人計画が音を立てて一気に崩れてしまう気がしたのですとりあえず大人はダブルだ。とダブルを注文。
そして勿論1人で席に着席。
あれエスプレッソって思ったよりかなりちっさいな。これ本当にダブルなのかな。ダブルって逆に1/2になっちゃうのかな。
まあいいややっと大人になれつつある、ちっさいのが更に大人っぽい。
と内心は小躍りながらも顔は一切その感情を見せず、少し疲労を滲ませる顔を演じる。
ああ、大人だ。色んな事を背負い疲れもあるが生きてコーヒーを飲もうとしている。大人。(実際全然疲れてない)
そしてエスプレッソをすする。
あっ、苦いこれ。
とてつもなく苦い。全然無理だ。
なんだこれ、皆んな大人はこんなもの飲んでるのか。めっちゃちっさいけど無理。
そもそもコーヒー殆ど飲めない僕。
エスプレッソは刺激が強すぎた。濃いんだ、エスプレッソって。
ダメだ砂糖入れたい、ミルクも二杯分くらい入れたい。逆にミルクにちょっとこれ入ってるくらいなら飲めない事無いかも。
でも砂糖もミルクも聞かれなかったという事はエスプレッソにはその飲み方が無いという事だろうか。先程注文した店員をちらっと見ながらそう思う。
大人だろ?と無言で言われている気がする。
コーヒーを飲みながらボーッとするといったものの同じ場所にいるのは家以外苦手なのもあってか10分程で早速店を出たくなる。…
Read More