えんくうさん@ぴんくもん

IMG_3692

岐阜県は関に来ております

保育園、支援学校、小学校、中学校と

子供達と音楽をやりながら

食べまくり、飲みまくりの日々に

本日は胃が疲れ果ててたので

健康黒酢の薬膳ラーメンで調整、

良い感じで明日からも頑張れそうです。

それにしても最近また流行ってんのかな

でっかいラジカセ

つい担ぎたくなるタイプのやつ。

なんかこないだも似たような写真を撮ったような気がします

朝、急に「円空さん見に行く人ロビーね!」

みたいなメールが社長から来てて

よくわからんし興味も無かったけどいく事にしました

ロビーには社長だけ

関市円空館

いやはや、

もうほんま、

人生変わるくらいの「いいお顔」

円空さんの木彫り作品に一目惚れしました

どれも素晴らしいですが僕はとにかく善財童子に

心を奪われました

私が木彫り好きなのもありますが

見れば見るほど幸せな気分、

本当にいいお顔

どこをどうやって彫ったのかなと

じっくり見れば見るほど

ノミの入れ方、掘り出し方、

特に、口周りなんかはたまりません

超絶なバランス感覚、

ずっと見てたい

心の中にひとつ置き物置けるなら

私はこれを置きたい

円空さんありがとう

IMG_3695

名所巡りは楽しいな

これは皆で刃物で有名なフェザーのミュージアムに行った時のビデオ鑑賞室

こういうのは皆で行くっていうのが楽しいですね。

遠足気分

僕はメンバーがどんな顔でビデオ見てるんかとか、

ミュージアムをそれぞれがウロウロしてる姿を見るのが好きです。…

Read More

米子日記

はい!火曜日はせいやです!

ただいま岐阜県の関市という街に初めてお邪魔させてもらってます。

今日からアウトリーチが始まって土曜日にコンサートですので皆様是非!

 

さて、一昨日1日だけオフがあったのですがその間も色々やる事もあり、家の事もやらなければいけない。

ってそういえば我がペット、フトアゴヒゲトカゲのエルヴィンの冷凍エサが無いではないか!

という事で行きつけの某有名爬虫類ショップへ。

エサを買うついでに店内のあらゆる生き物を見ているとセールと書いてあるワゴンに大量の惣菜パックが。中にはヒョウモントカゲモドキという小さな爬虫類が一匹ずつ何パックも置いてある。

興味本位で一匹一匹見ているその中で一匹元気に動いていた小さな子に目を奪われ。

IMG_5588

連れて帰ってしまいました。いやー手と比べるとかなり小さい。
まあベビーではあるのですがそこまで大きくならない種類でフトアゴよりも飼育の手間もかからないし器具も本当に少ししかいらない。

良い事だらけだけど手軽すぎて思わず連れて帰ることにナルトは。

ってことでまた一匹家族が増えました。
家に帰ってこいつの家を作って入れてすぐは惣菜パックから一気に広くなったアクリル箱の部屋をうろうろ冒険していましたが。

IMG_5591

疲れたのか割とすぐ寝てました。

こんなに飼いやすいならどんどん増えてしまいそうで怖いので自制しないと。とりあえずテリリンと名付けたのでこれからよろしくお願いします!

このブログ見て爬虫類飼う事にしました!なんて人いないかなー。仲間が欲しい。

 …

Read More

九重町〜関市へ

まだまだ日中は、暑いですが、夜は秋のイイ感じが始まりつつありますネ!

先週は、九重町でアウトリーチ&コンサートを満喫させてもらいました。

初めて訪れる街は、新しい出会いや、初めて見る風景など、心躍ります♬

温泉に入ったり、八鹿酒造の試飲でほろ酔い、龍門の滝の圧巻の風景、色々町を楽しませて頂きました。  
一つ残念なのは、一番有名な吊り橋に行けなかった事かな?  楽しみを残してくると、また行けそうな気がするので、それはそれで楽しみです。

九重町のみなさん、玖珠のみなさん、ありがとうございました!

今日からは、岐阜県関市です。 

さっそく、今回の成功を祈願で春日神社にお参りしてきました〜〜〜

さあ楽しむゾ〜〜〜〜〜〜

2017/ 9/25 15:09

2017/ 9/25 15:09

ワッショイ!!…

Read More

九重町!

アロハイサイ、イギーです。

今日は大分県九重町でライブ。
何回も大分県には来てるけど、初めての街でした。

さすが九州、盛り上がって良かったです。

中高の吹奏楽部とも共演しました。
みんな素直で可愛かったなぁ。
良い音してました!

そんなこんなで、ライブ終了後は福岡空港から東京へ。

自宅に着いてから九重町で書いたサビに
AメロBメロ書いて、仮詞書いて仮歌さんにメールで送って今日のお仕事終了!

今日も1日頑張った。。。

いや、久しぶりに頑張ったが正解。
九重町で飲みすぎたからね。

充実した1日でした!…

Read More

カムサハムニダ@ぴんくもん

IMG_3669

サクッと韓国行ってきました

蔚山ワールドミュージックフェスティバル

帰る前に食べたカニ

生のワタリガニをタレに漬け込んだやつ

写真は3人前

社長ヤッシーは生のエビカニアレルギーなので

カニ以外の小皿料理で米食べてました

地元の人で賑わう店内

チュウチュウとカニを吸いながら

初めての味わい

雰囲気まるごと頂きました

本日からは大分県九重町に入ります

秋の旅シリーズ開幕しました…

Read More

久々の韓国

アニョンハセヨー

 

只今、韓国は蔚山に来ております。

釜山のちょいとお隣の街です。

ライブして、肉食べて、イベントの打ち上げで呑んで〜〜〜

満喫しております。

外国に来ると、文化の違いが面白く、ワクワクします。

外国には、ほとんど行った事のないので、世界にはどんな人達が居るんだろー と想像するの楽しいです。

カムサハムニダ〜〜〜〜です♬

 …

Read More

遅れてきた金曜日よりの使者

ふ落語でこんなシーンがよく出てくる。
泥酔している酔っ払いが、「おれは酔っ払ってなんかいませんよーだ、ヒック」と言いながら、酔っ払いらしい理不尽さで、店の亭主に絡み続ける。
酔ってる人ほど口では「酔ってない」と云い、酔ってない人ほど「酔ってますからもう結構です」と云う。
そんな噺を聞くたびに、落語らしく大げさに言っているなと思ってたけど、そんなことはないらしい。
「酔っ払ってる」ということは他者から見た状態であって、こちらはビール一杯しか飲んでなくても、他者から見て「酔い」を感じれば「酔っ払い」なのだ。
「MONKYさん、酔っ払ってますね」と、言われることがあるけど、自分的には全然「酔い」を感じてない時がある。
「え?おれそんな酔ってる?」と思う。
つまりは冒頭の落語の状態で、相手は自分のことを酔っ払いと思っているのに、こちらは「酔ってませんよーだ、ヒック」という状態なのだ。
自分では落ち着いてると思っていても、話出したらやたらと饒舌だったり、途中で何を喋ってたのかわからなくなったりして、そのうちに自分の「酔い」に気付く時もある。
20代の頃からコツコツと呑み続けてきて、すっかり洗練された酒飲みになったつもりだったが、うっかり落語的な酔っ払いだったらしい。
酔っ払いが出てくる落語では枝雀師匠が好きでよく聞いていた。

桂枝雀『上燗屋』
http://www.youtube.com/watch?v=V63A6_FLlww

今日は韓国へ。
台風は大丈夫かなぁ
いってきまーす!

 

 

p.s

10月4日に渋谷ROOTSで『MONKY鑑賞会』やります。bbbbでやってないオリジナル曲やスタンダードを踊れるアレンジでお送りしやす。 bbbbとは違うタモツやセイヤのプレイも堪能できるはず!ぜひ皆さま遊びにきてくださ〜〜い。

10月4日(水)『MONKY鑑賞会』

●渋谷 ROOTS(東京都渋谷区宇田川町11-6 渋谷宇田川KKビル3階)

●Open 19:00 / Start 20:00~(2set)

●1,000yen(w/ワンドリンク)+愛の投げ銭

●出演
MONKY(Sax : Black Bottom Brass Band )
TAMOTSU(Sousaphone …

Read More

うたのうた

IMG_4829アロハイサイ、イギーです。

一昨日ですが、渋谷金王八幡宮例大祭でBEGINさんとご一緒させて頂きました。 月曜日のBYGに引き続き今週2回目のステージ。

当日現場に入って、何と10曲ものメドレーをサポートすると聞き、ビックリしましたが、考えてみればそんな事は当たり前。
今まで何回もあった。
そんなこんなで無事終える事が出来ました。

アンコールの「島人ぬ宝」、最高でした。
ステージとお客さんが一体となって大合唱。
3000人が歌う「島人ぬ宝」に渋谷の街が揺れてました。
個人的には1曲目の「うたのうた」にやられました。

隆ちゃんが心を込めて書いた歌詞を、栄昇さんはワンフレーズワンフレーズ、大事に大事に歌っていました。

そう、この曲の詞は5月に亡くなった隆ちゃんが書きました。
そしてこの曲の主人公は隆ちゃん自身です。

一緒に過ごした忘れられない思い出が一気に頭の中を駆け巡って。。。

今でも毎日隆ちゃんの事を思い出すし、夜中にふと隆ちゃんの事を考えて1人で涙が止まらなくなる事があります。

どうしようもないなぁ。

栄昇さんに悲しみを乗り越えて頑張る方法を教えて貰ったけど、何しても無理でした。
精一杯生きるしかない。
さて明日は韓国へ。
フェスに出演です。
明日も頑張るしかない。…

Read More

米子日記

セイヤです。
なんと、今週はタモツさんの日記が更新された!しかも火曜日に!ということでこの珍しさにはどう頑張っても勝てないので今週はお休みさせて頂こうかなと思ったのですが。

その前に僕結構休んでた。
というか見返すとTAMOTSUブログ最近結構マメに更新されてる。
来週の予告とかも入っているハイブリッドなブログになっている。

これはまずい。

ということで深夜で日付は変わっていますが今週もブログを。

夏といえば、怖い話。

よくBBBB全国周ってて怖い経験した事あります?とか聞かれますけど僕は全く無いです。
まあメンバーがそういう不思議な経験をしたのを目の当たりにしたことはありますが。それは別の機会に当事者が話すまで置いといて。(同時にメンバー3人が経験していて普通に笑えず怖かったので話さないと思う。)

まあ何より怖いの大嫌いなんです。
ほんとうにあった怖い話とか心霊番組は本気でビビって小さい声で「ぉぉ、、」くらいしか言えない。

昔は興味本位で怖い番組や本を読んで眠れなくなったり元気を無くしたりしてましたが最近はもう自分はからっきしそういうのはダメなんだなと情報を耳にも目にも入れない様にしています。

しかし心霊とは別の、不思議な事って世の中にはあるものですよね。
別に見てる人の殆どは怖い話じゃ無いかもしれませんが僕が「偶然」にぞっとした話。。

昔、父方の祖母が亡くなってお葬式も終えた後の事。
僕の家は親戚が少なく、母は一人っ子、父が二人兄弟。父の兄の妻も一人っ子。
という事で父の兄家族と葬式を色々片付けてたんです。

で、ふとひいおじいちゃんからの名前がふと目につきまして。
ああこんな名前だったんだご先祖様。と僕は眺めてたんです。

ん?何か違和感。
何だろう、とよく考えてみる。

すると。

イニシャルが。

ひいおじいちゃんの代から今まで横田家の長男はS.Y、次男はK.Y、長女はM.Yとなっている。

勿論おじいちゃんの兄弟も、おじちゃん家族も。うちの家族も。

ただの偶然なのですが僕や周り何人かはぞっとしまして。

そのひいおじいちゃんから上はちょっとその場では調べられなかったのと何か気持ち悪くて調べてはいません。そんな事言ってごめんなさい先祖様達。

親もおじちゃんおばちゃん家族も示し合わせる様な事は全くしていないと。
おじいちゃん、ひいおじいちゃんもそんな事する人間じゃなかったらしい。何より古い人がイニシャルなんかわからないだろうと。

その上の先祖達もそのイニシャルの系譜が続いていたら。というか横田になった時からそうという事なのだろうか。ひいじいちゃんの代はもうそれに近い代では無いだろうか?

偶然その場にいる人達はその事実を知ったのでこの流れもどこかで止まるかもしれないですが。
もし自分に子供が出来たとしたら、その流れから逆らう名前をつける事で幸せになるのか不幸になるのか。
科学的根拠も無い、いつか忘れてしまうかもしれないどうでも良い事かもしれませんが、時々そう考えてしまうのです。

 

でもこれ読み返すと僕以外は全然怖く無いだろうな。てへっ。

また来週!

 …

Read More

夏の思い出

さーて来週は、
「足の細さはルパン並み」
「靴を脱ぐのは左から」

で、お送りしますと言ったところで、
ズッブズブの車生活の為、足の弱体化が著しいのはオレの事。タモ山根です。

やばいっす。木の棒みたいっす。
まぁ、仕方ないよ。
アクセルとブレーキ踏むのに力は使わんからね。

そんな、ドッロドロの車地獄にハマっている私も、たまーに電車を使う事があるのです。

その、たまーにのおかげで、普段からICカードを財布に常備してないので、切符を買う事もあるのです。

しかし、この切符が曲者なのです。

ワタクシ、切符を持つと妙な緊張感が生まれるのです。

何故か。

無くすのです。
否。子どもの頃の無くしたトラウマがあるのです。
持ってたはずの、ポケットに入れてたはずの切符が無い。勝手にイリュージョン。
あれ不思議ですよね。

特に酷かったのは、忘れもしない小学4年生。

当時ボーイスカウトに入ってた私は、毎週末その活動の為各地へ出かけておりました。
もちろん移動手段の大半は電車。

それが起きたのは、神戸市の大動脈である神戸市営地下鉄でした。

いつもの様に活動を終え帰路に就いた時。

切符が勝手にどっかに行ってしまう節のある私は、無くさない様に、しかと右手で握っていました。
しかし、同僚達と切符を使った遊びが始まります。
最もポピュラーだったのは、切符の下部に印字されている4桁の数字を、「➕・➖・✖︎・➗」を駆使して、いかに早く「10」にするかというものでした。

これがまた面白く、白熱するのです。
子どもなので白熱し夢中になると、他の事は全く頭に入らなくなります。自分の考えも分からなくなります。
そんな時、事は起こります。

そのゲームが終わった直後、何を思ったのか私は切符はここなら絶対無くさないと入れたのが、被っている帽子の中なのでした。
分かりますね。
頭と帽子に挟まれてる状態です。
確かに、これなら無くすはずはありません。

帽子を脱がなければ。
帽子の中に入れたのを忘れなければ。

しかし、そんな事あるかいなの代表格の後者が起きたのです。

いざ、電車を降りる時になり。
あー!切符無いー!と。
数少ないポケットやリュックなどあるはずも無い所を探しまくり、試合終了。
慣れた感じで駅員さんに告白。
そして、いつもの様に優しく受け入れてもらい、改札の外へ。…

Read More