ワールドカップ

だんだんと なんやかんやと ワールドカップ

西野ジャパン、決勝トーナメントおめでとうございます!

初戦のコロンビア戦は、豊岡の居酒屋さんで店長さん達と観戦。

セネガル戦は、家に帰って来た時には1点負けてて、そこから応援。

ポーランド戦は、家で最初から応援出来ました。

ポーランド戦は、まさかの先発6人変更でビックリしました。

予選敗退したら、どうするんやろ?って思ってしまいましたが、、、 最後のパスまわしといい、西野監督は、勝負師ですね すごいな!!

予選敗退してたら、今までの経歴も台無しになるような、一生批判されるような、そんな采配を決断して、勝つ。

さあ、夢のベスト8入りをかけてのベルギー戦! 家で全身全霊で応援したいと思います。

2−1 or 3−1 で日本勝利だ〜〜〜 イェイ!…

Read More

米子日記

お久しぶりです、せいやです。

人によって憧れの人、ファン、ヒーローなる存在がこれまでの人生だったり現在も居たりすると思うんです。

僕も音楽の世界ではTOTOとEarth Wind&Fireを小さい頃見てモノマネするところから始まったのでMaurice White,Jeff Porcaro,Steve Lukatherがマイヒーローです。

でも音楽のみならず、、音楽以外で言うとこの人しかいないのです。

AD5DD590-3492-4A10-9E39-ADD905D95912

 

はい、皆さんご存知の仁志敏久選手。

万が一分からない方に説明すると1996年〜2009年まで巨人や横浜ベイスターズでプロ野球選手として活躍した方です。

これまた小さい頃祖父が巨人ファンだった影響でなんとなく野球が好きだった僕。

巨人人気が凄まじく、CMにも巨人選手が出演していたりまるでアイドルの様な扱いを受けてたんです。毎日巨人戦は野球中継を地上波でやっていたりね。

アイドル人気でいうと高橋だったり、松井だったり、清原だったり、二岡だったり。

その中で僕が巨人ファンになるきっかけになったのが仁志敏久選手。

野球選手にしては小柄ながら熱い感情表現、それでありながらどこか渋い真面目さ。こんなかっこいい人がTOTOやEarth以外にいたなんて!と衝撃を受けました。

今に至るまで移動の時や休憩時間は仁志さんの映像を見てるほど。この写真のレプリカユニフォームは最近手に入れた宝物です。

 

サイン欲しい!とかあまり思わないけど、いつかこのユニフォームに仁志さんのサイン頂きたいなー、、…

Read More

金曜日よりの使者

IMG_4343
fun time rollツアーより@静岡富士すみやグッディ『路地』
今月も旅が多い。
家に帰って荷物を解いたと思ったら、また詰め直して出発!というのを繰り返している。『FUN TIME ROLL』ツアーと学校公演で移動と演奏の日々。
そして旅先で時間が空くと散歩する。
路地が多い町が好きだ。
散歩中、路地があると用もなく入ってみる。
古い住宅が並ぶ路地もいいし、スナックや居酒屋がポツポツとあるような路地もいい。路地を入って行って奥まったところに小さな神社がある、なんてのに出会ったら嬉しい。
酔っ払い達の喧騒と足跡が染み込んだような歪んだ路地。
そんな路地に漂う、酒と湿気くさい生活臭が混ざった匂いを嗅いで、路地の人間模様を想像して愉しむ。
また、その暗い路地の先に、摩訶不思議な店があるような気がして、進んで行くと突き当たりに古いドアがある。
ガチャリ。
店に入ったら、マスターがグラスを拭きながら、「お待ちしてました。まぁそちらにどうぞ」とか言うのでカウンターに座り、初めて来たのに何故か、その席にいつも座ってたようなデジャブな感覚でいると、カウンターにさっとビールが置かれて、ぐびぐびと飲む。
するとマスターが、「ここでは運命の再選択ができて、自分が指定した過去に戻って、選択をやり直すことができます。どこに戻りますか?」と言う。
おれは「もしbbbbをやってなかったら、どんな人生なんだろう?」
「ではその時点に戻りましょう」と言うと、店の壁はたちまちにグニャグニャになり、床も天井も無くなり、入口のドアだけが形を保っている。
怖くなってそのドアを開けて外に出ると、そこは路地ではなく、大学の頃に住んでいたアパートの二階の廊下だった。
薄暗くてライトもないジメジメした廊下。
ノイローゼ気味の老婆が少しドアを開けてこちらを見ている。
やはりここはあのアパートらしい。
おれはそのまま玄関を出て、懐かしい空気を吸い込む、、、
この調子でどこまでも妄想は暴走する。
路地は妄想と相性がいい。
チェーン店が居並ぶ幹線道路ではこんな妄想は膨らまない。
場所が醸し出す何かに触発されて妄想は生まれるようだ。
映画で、グレムリンが売られていた香港の裏路地の店みたく、路地には不思議の予感が潜んでいる。
そうやって妄想しつつ、全国の路地を散策している天パです。
では下北沢でお会いしましょう〜♪

あ、そうだ!

7月7日の下北沢音楽祭でのパレードが終わった後に、こはぜ珈琲前POP’nステージ(多分、、)で『家永慎也とボディコンシャス』久しぶりに出勤します。w

魅惑のサックスアンサンブルをお楽しみください!www

ボディコンシャス (1M)

p.s
『個人活動情報』

7月6日に高田馬場ホットハウスで尺八でJAZZをやる小林鈴勘くんと、バリトンサックスでDUOやります。 小林鈴勘くんはピアノとギターもやるので、どんなセッションになるのかとても楽しみ。ぜひおいでませ。

7-6hothouse

7月6日(金)『家永慎也 &
Read More

ぴんくもん

CF23B839-AE97-4776-AE89-BC2280018BB4

子供は元気だ

おじさんよりもはるかに元気だ

何よりだ

そして小さい体に太陽のような

エネルギーの塊がある

じゃんがじゃんがエネルギーを使って楽しんで欲しい。

して何百、何千という子供太陽エネルギーをモロに浴びたおじさんは

クールダウンしなくてはいけない

今日は抹茶ソフト

兄さんは氷でキンキンのぶどうドリンク

今から豊岡より東京へ一旦戻ります

エッホエッホ…

Read More

作詞作曲!

08C81064-68B8-490C-88F8-5EC5E45BD953こんにちは。
リリース情報です。

来週6月20日発売の、
石川ひとみさんデビュー40周年記念アルバム「わたしの毎日」に収録されている
「君の声」を作詞作曲させて頂きました。

そう、作詞作曲です。
しかも詞はひとみさんと共作です!

小さい頃から、テレビで見ていた石川ひとみさんと共作&デビュー40周年記念アルバム!

長年お世話になっているディレクターさんにお声がけして頂き、詞と曲を提供させて頂く事になりました。
本当に嬉しい限りです。

ひとみさんの歌、素晴らしいです!
是非是非聴いて下さい。

この曲が1人でも多くの方に届く事を願います。

そして今日は徳島県海陽町でライブ!
1年ぶりの海陽町、楽しみです。

よろしくお願いします。…

Read More

はっぴーぴんくもん

D5C8BF9E-5A11-471F-9975-211FB29E823C

お仕事終わりのハッピーセット

私はカフェラッテと決まっています

コクンと一口ああ幸せだなぁ。

ありがたいことに、ライブの対象の年齢層の幅が広く

下は生まれて数ヶ月の首も座らぬ赤ちゃんから

保育、幼稚園生

小学校、中学校、高校、

20代30代40代50代60代70代80代90代

特別支援学校、介護施設、

ありとあらゆる人たちに楽しんでもらえてる音楽、

バンドって素敵やなぁとつくづく思います

今日は高校の芸術鑑賞会

感想文では片付かないような

新しい気持ちを発見してくれてたら嬉しいな。

 …

Read More

お花畑のぴんくもん

FBE3975F-D15C-4170-A70B-3A6B106A02BE

栃木4デイズ、計8会場で学校公演やりました。

全ての会場で花束がもらえたので

車はお花でいっぱいです。

男だらけの車内に、メルヘンとファンタジーがやってきました。

花の香りが充満した車内では

心持ちかみんな穏やかです…

Read More

行間を読めブログvol.7

BFFD3043-278E-4573-B00C-5879603F8837

ハイボール濃いめ

移動の車中で氷に入れて、
『しょウワーー』
となるのをを鑑賞します。
350mlなら『ハッピーセット』
500mlなら『モ’・ハッピーセット』
とよびます。
もうほんとに、ここ数年で一番どうでもいい話です。
濃いめなのですぐに酔います。
この、濃いめっていうのこだわってるんですけど、後で身体に重ぉーーーい疲労感が残るんですよ。
ほな、なんで飲むねん。…
Read More

楽しかったな九州!

先週・今週は、大好きな九州に居ました。

宗像、延岡、大分。

 

めちゃめちゃ楽しい。

幸せな時間たくさんで、横浜に帰っても、まだ幸せ感残ってます。

みなさん、ありがとうございました!

 

宗像では、早起きして宗像大社に参拝もしてきましたよ。

この写真は、本殿奥の高宮祭宮です。

 

なんか気持がス〜〜〜〜〜〜〜〜 としました。

 

さあ明日からは、6月だ!

2018/ 5/24 7:09

2018/ 5/24 7:09

 

 …

Read More

EBISUBASHI

こんにちは、イギーです。
何も考えてなくて、
ただただ楽しくて楽しくて。
自分達が出す音に耳を傾けてくれる人がたくさんいてくれて、
おまけにチップまで。

あれから25年、結婚して、子供が出来て、

守るべきものが増えた。

ただ楽しいだけじゃ生活出来ない。。。

もうあの日の夜のように、楽器を吹く事は出来ないけど、あの日に感じた事は忘れないようにと思ってます。

「EBISUBASHI」を聴いて、気付いた事がありませんか?
何でホーン4人が同じメロディーのソロをとっていると思いますか?
バラバラなんですよ。4人共。
リズムの乗り方、タイム感、歌い方、全部バラバラ!
これなんですよ!
これを感じて欲しいんです。
個性と個性のぶつかり合い。
だから25年も続いているのかなぁと思います。

そして毎月というより、毎週のように届く良い知らせ。
ありがたい事です。

来月は一つお知らせ出来る事があります。
僕、今更ながらある事でデビューします!
僕自身本当に信じられないのですが。

という事でまた次回!

Read More