米子日記

セイヤです。
なんと、今週はタモツさんの日記が更新された!しかも火曜日に!ということでこの珍しさにはどう頑張っても勝てないので今週はお休みさせて頂こうかなと思ったのですが。

その前に僕結構休んでた。
というか見返すとTAMOTSUブログ最近結構マメに更新されてる。
来週の予告とかも入っているハイブリッドなブログになっている。

これはまずい。

ということで深夜で日付は変わっていますが今週もブログを。

夏といえば、怖い話。

よくBBBB全国周ってて怖い経験した事あります?とか聞かれますけど僕は全く無いです。
まあメンバーがそういう不思議な経験をしたのを目の当たりにしたことはありますが。それは別の機会に当事者が話すまで置いといて。(同時にメンバー3人が経験していて普通に笑えず怖かったので話さないと思う。)

まあ何より怖いの大嫌いなんです。
ほんとうにあった怖い話とか心霊番組は本気でビビって小さい声で「ぉぉ、、」くらいしか言えない。

昔は興味本位で怖い番組や本を読んで眠れなくなったり元気を無くしたりしてましたが最近はもう自分はからっきしそういうのはダメなんだなと情報を耳にも目にも入れない様にしています。

しかし心霊とは別の、不思議な事って世の中にはあるものですよね。
別に見てる人の殆どは怖い話じゃ無いかもしれませんが僕が「偶然」にぞっとした話。。

昔、父方の祖母が亡くなってお葬式も終えた後の事。
僕の家は親戚が少なく、母は一人っ子、父が二人兄弟。父の兄の妻も一人っ子。
という事で父の兄家族と葬式を色々片付けてたんです。

で、ふとひいおじいちゃんからの名前がふと目につきまして。
ああこんな名前だったんだご先祖様。と僕は眺めてたんです。

ん?何か違和感。
何だろう、とよく考えてみる。

すると。

イニシャルが。

ひいおじいちゃんの代から今まで横田家の長男はS.Y、次男はK.Y、長女はM.Yとなっている。

勿論おじいちゃんの兄弟も、おじちゃん家族も。うちの家族も。

ただの偶然なのですが僕や周り何人かはぞっとしまして。

そのひいおじいちゃんから上はちょっとその場では調べられなかったのと何か気持ち悪くて調べてはいません。そんな事言ってごめんなさい先祖様達。

親もおじちゃんおばちゃん家族も示し合わせる様な事は全くしていないと。
おじいちゃん、ひいおじいちゃんもそんな事する人間じゃなかったらしい。何より古い人がイニシャルなんかわからないだろうと。

その上の先祖達もそのイニシャルの系譜が続いていたら。というか横田になった時からそうという事なのだろうか。ひいじいちゃんの代はもうそれに近い代では無いだろうか?

偶然その場にいる人達はその事実を知ったのでこの流れもどこかで止まるかもしれないですが。
もし自分に子供が出来たとしたら、その流れから逆らう名前をつける事で幸せになるのか不幸になるのか。
科学的根拠も無い、いつか忘れてしまうかもしれないどうでも良い事かもしれませんが、時々そう考えてしまうのです。

 

でもこれ読み返すと僕以外は全然怖く無いだろうな。てへっ。

また来週!

 …

Read More

米子日記

さてさて、火曜日はセイヤです。

最近メンバーのユウタさんがサインをマイナーチェンジされまして。ユウタさんがサインが変わるのはBBBB入って4回目か5回目だったような。
僕が小学生の頃にBBBBのBest!Best!Best!というCDをゲットして皆んなにサインもらった時のを見てもモンキーさんとANTONさんは違ったような。

僕はというと一応この6,7年間変えておらず、筆記体と言えば間違ってるけど見やすいようにSeiyaと書いてaがスタンドにドラムをたててるようにみたててスティックをそえてるもの。

良いところはすぐに書けるところです。
サインってまあでもそんな名の売れた芸能人でも無いし僕のサインなんて欲しいかなと思う事はしばしば。
小学生がノートの端くれにくれと言ってくれた時にも内心、この子一瞬で忘れて捨てちゃだろうなと。
まあそれでも欲しいと言われたり欲しそうだったらすすんでやるようにしてるのは子供の頃、沢山サインしてくれたミュージシャンの影響。

なんでいきなりそんな話かというと今やたらとニュースになっていらっしゃる日野皓正さん。
まあ今名前を出すのはどうかなとう感じですし、あの騒動について何か書く気は無いのですがサインする事についての意識に凄く影響を受けた人でして。

小学生の時に地元のジャズフェスティバルに日野さんが出演されていました。
僕はバンドでドラムをもう大人に混じってやっていたとはいえまだ幼く、日野さんの音楽が難しかったんですよね。
でもそれまでに出演されていたミュージシャン(かなり著名な方々)より格段に凄い熱い音、カッコいい音。よくわからないけど凄いな、この人って。

軽い気持ちでミュージシャンに会えたらサインもらえるかなとドラムヘッドとサインペンを持ったせいや少年。
勿論会場でミュージシャンと会える事も無く終演後に親と一緒に周りも誰もいない人通りの少ない道路をぷらぷら歩いているとタクシーがこちらを通り過ぎようとした。

よく見ると乗っているのは日野さん。
うわー!と親と感動して手を振るなりしたのかな。すると日野さんタクシーを止めて窓を開いてくれた。顔は何故か真顔でオーラが凄くて怖かった。

気づいたのが悪かったかなと思った矢先、僕の手に持ってたドラムヘッドとサインペンを要求し、「名前はなんて言うんだ、ドラムをやってるのか。」と。
僕は日野さんのオーラに圧倒されて「せいや。」「やってます。」しか言えなかったけど日野さんはサイン、そして僕の名前、更にドラムの絵まで描いてドラムヘッドを返してくれた。
そして握手をしてもらってまたタクシーで走り去って行った。

その時なんて優しくてカッコいい人なんだろう。と感動して。ドラムの絵まで描いて下さるなんて。

今でも実家で大切にとってあります。

その他にも清志郎さんだったりスティーブルカサー、山崎まさよしさんだったり僕の大好きだったミュージシャンは皆んなサインを断らずやってくれたのでそれを見返すとこの人達でさえして下さったのに僕なんかのサインを求められてる事に感謝しなきゃなって思うのです。

いつもお願いして下さる方本当にありがとうございます。
そして日野さん、僕にとっては厳しく、熱くて優しい方です。また聴きに行きたいな。
ただ2人組の方でサインやら握手を片方からお願いされてした後、相手1「あなたもしてもらいなよ!」相手2「いや私はいいや。」って流れ。
ちょっぴり悲しくちょっぴり傷つくのでご配慮していただけると有難いです。笑…

Read More

米子日記

せいやです!

Turkey A Go Go Tourが日曜の神戸グッゲンハイムで終了しました。
約4ヶ月間のツアーお疲れ様でした。

全国各地の協力して頂いた皆さん、そして来て頂いたお客さん。ありがとうございました。

秋はまた各地のホール公演やイベントに参加するので是非どこかでお会いできたらと思います。

この夏のシリーズも日曜の赤坂公演で一区切りつくのでホッとするかなー、、

それではまたよい夏を!…

Read More

米子日記

二週も思い切って飛ばしてしまってビクビクしているセイヤです。

いやーこの二週は仕事もプライベートも大忙しでろくに睡眠も取らず、けれど内容の濃さに毎日わくわくしています。

この前カルメラの兄貴達のサポートをしたのですが不思議な感覚でしたね。いつも対バンするカルメラのドラムを僕が叩いてる。
勿論知ってる曲ばかりだし。

歌手のサポートとかは経験があれどバンドのサポートってのは中々レアなので色んな事が新鮮で。
例えばこのシーン。

image

円陣組んでおっしゃー!みたいなのやってるところです。まずBBBBはやりません。カルメラの兄貴達がやってる事で初円陣おっしゃー出来ました。

ありがとうございました。

そして引っ越しもしましてね。今まで状況して7年ずっと川崎市に住んでいたのがついに東京都進出。

わくわくすっぜ!
みんな遊びに来てね。

さあここ2日も宍粟と海陽の皆んなと会えたから楽しかったなー。
宍粟って町が好きで一度住んでみたいくらい。
流石にそれは嘘ですけどふらっと3日くらい遊びに行きたいなー。

海陽町はよくお会いする皆んなが阿波踊りをきちんと踊ってるのが新鮮で。ヤットヤットの掛け声が大好きだしまた参加したいなー。

大好きな家族の娘さんが踊ってるのを初めて見たけどこれがまた上手くいしなんか良くてね。感動しました。

海陽町の皆さんもいつもありがとう!

さあ!これから1年ぶりの尾張旭も行ってきます!…

Read More

米子日記

暑いですセイヤです。

やっとこの1週間は土日の富山、台湾を以外休みのBBBBなのですがちょっと他にもやらなきゃいけない事があったり覚えなきゃいけない曲。

そして何より今引っ越しを計画していて物件を色々見て回ったり。

ああ、夏休みしたい。そして朝から夜までクーラーガンガンに効かせて寝続けたい。。

 

地方の人が東京に出てきてびっくりする事ってやっぱり家賃ですよね。
流石にもう相場も分かってるので僕は大丈夫ですがもう住もうと思っても地元の3倍くらいはするのでは。

よくドラマで大学生や若い会社員、若い夫婦が住んでいるマンションだって地方の時は何も疑問に思わなかったですけどこれ大学生一人で住んでるけど絶対20万くらいするよ、、とか余計な事を考えてしまう。

よく希望をあげたりしますけど結局は何が我慢出来るかが一番大事。

まだまだ見つからなそうです。。

 

さて、今週末台湾で溶けて帰ってくるまで頑張ります!…

Read More

米子日記

BBBBで演奏させてもらって5年になりました、セイヤです。

まあメンバーになってるのでさせてもらってもおかしいのですが5年です。
当時が20歳で只今25歳。
20代前半は結構色々な大きな人生の変化があったのですが20代後半は更に大人への道を歩んで行きたいと思っております。
大人らしいってなんだろう。
僕が考える身近な大人だなと感じる事を考えたところ、
「とりあえずカフェに入ってコーヒー飲みながらボーッとする事。」
人によっては学生でもよくする当たり前の行動で、それ?と思う事でしょう。
しかし僕はとりあえずカフェ入って作業するか、とかとりあえずカフェでコーヒーでも飲みながら予定まで時間を潰すか。
という感覚、思考が僕自身に全く無い。大学生という経過をしなかったからであろうか。
しかし周りがよく口にするこの行動に幻想的な憧れを持っていて、田舎者の僕からしたら都会的でアダルトな雰囲気を感じるのです。
そうとなれば行動しかない、なんたって25歳なのだから。
という訳で大人への一歩。
友達とでも家族ともでも無く、たった1人で、かの有名なコーヒーショップ、タリーズへ入りました。
店は何でもよかったのですが僕のイメージでなんと無くスタバよりタリーズを選ぶのがツウで大人な感じがする。
そしてまずは注文。いつもならスタバに知り合いと入ればバニラフラペチーノを注文する僕。
しかしここで大人への階段、エスプレッソを注文する。
これは少し階段を2段飛ばしした様な気もするがどうせなら2段でも3段でも飛ばして大人になりたい。
夏で暑いけれどもコーヒーは温かく無いと飲んだ気がしないと誰かが言って大人を感じた経験からあえて温かいエスプレッソ。
エスプレッソが何かはよくわからない。
「エスプレッソ」
店員「シングルですか?ダブルですか?」
ん?シングル、ダブルってなんだろ。
Tall、Largeみたいなやつかな?
けれどここで聞けば大人計画が音を立てて一気に崩れてしまう気がしたのですとりあえず大人はダブルだ。とダブルを注文。
そして勿論1人で席に着席。
あれエスプレッソって思ったよりかなりちっさいな。これ本当にダブルなのかな。ダブルって逆に1/2になっちゃうのかな。
まあいいややっと大人になれつつある、ちっさいのが更に大人っぽい。
と内心は小躍りながらも顔は一切その感情を見せず、少し疲労を滲ませる顔を演じる。
ああ、大人だ。色んな事を背負い疲れもあるが生きてコーヒーを飲もうとしている。大人。(実際全然疲れてない)
そしてエスプレッソをすする。
あっ、苦いこれ。
とてつもなく苦い。全然無理だ。
なんだこれ、皆んな大人はこんなもの飲んでるのか。めっちゃちっさいけど無理。
そもそもコーヒー殆ど飲めない僕。
エスプレッソは刺激が強すぎた。濃いんだ、エスプレッソって。
ダメだ砂糖入れたい、ミルクも二杯分くらい入れたい。逆にミルクにちょっとこれ入ってるくらいなら飲めない事無いかも。
でも砂糖もミルクも聞かれなかったという事はエスプレッソにはその飲み方が無いという事だろうか。先程注文した店員をちらっと見ながらそう思う。
大人だろ?と無言で言われている気がする。
コーヒーを飲みながらボーッとするといったものの同じ場所にいるのは家以外苦手なのもあってか10分程で早速店を出たくなる。…
Read More

米子日記

火曜日はセイヤです!

偶にはタイトルにもしている米子の話を。
アピールになるのかはわからないけど。
まあ米子という街は全国から見たら田舎な街です。
というか鳥取県自体が今でこそ「何も無い」「島根と混ざる」「スタバが無かった」等のネガティヴアピールを売りに、TVなどで盛んに取り上げて頂いたお陰で知名度が上がったもののそれまではパッとしない県No1だったのでは?
まあその鳥取県の中でも米子市というのは県庁所在地の鳥取市の次に人口も多く街がちゃんと栄えてるんです。って人口も鳥取県自体60万切ってますが。
知ってる人、行った事ある人はあれで?と思うかもしれませんが僕は栄えてる街と言い続けます。
そんな米子市のアピールポイントの1つ。
アマチュアバンドが意外に栄えてるんですね。
いや本当に。
アマチュアバンドみんなで実行委員を作って2000人規模のホールで出店やダンス、そしてアマチュアバンドの演奏をするイベントを10年もやったり。
毎年著名なジャズミュージシャンを招いて定期演奏会を開いたり等47年続けているビッグバンドがあったり。
ライブハウス貸し切って200人くらいのお客さんを呼んでワンマンライブするバンドが沢山あったり。
他にも数え切れないくらいに盛んな音楽文化に僕も育てられてきました。
その中の1つと言っても良いかな。
米子市文化財団の恒例企画、米子市音楽祭という米子のアマチュアバンドが沢山集まって米子市文化ホールでフュージョンやジャズのコンサートを行うイベントがあります。
この前そのコンサートが行われたらしく知人がその様子の写真を送って下さって。
見ると僕が小学生の頃に30代〜40代のバンドに何バンドも入って毎日スタジオ練習、毎週ライブ2〜3本やってた頃のメンバーがまだバリバリにバンドやってるのです。
あの頃は40代でももう60歳になる!って方も珍しく無い中で変わらずみんな元気に演奏している姿を見てなんだかグッときてしまって。
訳も分からず一粒くらい涙が出ました。(今でも訳分からず)
みんな好きなんだなって。
ビッグバンドだって僕のいた頃は40代〜50代でイケイケだった人達も写真で見るともうおじいちゃんだらけなんです。
それでも変わらず皆んなやり続けてる。
こんな素晴らしい音楽文化、もっとアピール出来ないかなー。なんて。
米子出身ミュージシャンも最近幅広いジャンルでかなり増えてきましたが結構な率でその米子の諸先輩にお世話になってきたミュージシャン。
育ててもらったこの米子音楽文化をお節介ながらどうにか皆さんにも体感してもらえないかな、それきっかけで米子に足を踏み入れてもらえたらな。
なんて観光大使みたいらしい事、偶には言ってみます。
初めてバンド活動したのが10歳。
上京するまで9年間毎日スタジオで練習やライブをしながら東京のプロミュージシャンと演奏する事を夢見ていたけれど。
今は久しぶりに先輩達ともまた音を出してみたいと憧れる。
という事で本日は数時間米子に滞在してあれこれ活動。とても充実した話をして先程東京へ戻りました。
さあ実現なるか!頑張ろう!…
Read More

米子日記

火曜日はせいやです!

やっと6月3日に自宅を出発して6月19日早朝に自宅に着くというまあまあ長い道のりから帰ってきてなんと今日はもう日立市。
1日だけの自宅は気分的にはホテル泊まってる様な感覚でした。
ツアーも楽しかったなー。やっぱりツアーは演奏もだけどその土地の仲間に会えるのが最高です。
殆どの人達が年に何十回も合う人では無いのですが会えば不思議な距離感を感じる事も無く、すんなり僕達を迎え入れてくれる、そんな人に僕もいつかなりたいものです。
旅中の思い出の中でも自分の中で繰り返し思い出してしまうのが徳島海陽町のまぜのおかでの打ち上げ。
徳島県といえば阿波踊り。
日本の伝統芸能の中でもかなり有名な踊りですよね。
僕達をいつも暖かく迎え入れてくれるチーム海陽町の皆さんはその阿波踊りをそれぞれ現役でやっていたり元はバリバリだった人が殆どでして。
そうなると、というか僕は今回が初めてだったのですが打ち上げで突如、阿波踊りレクチャーが始まってBBBBメンバーが教えを頂いたのです。
これが中々難しい。その中でも少しでもコツを掴みながら踊る踊る。
という内に一人がマンツーマンで僕に教えて下さる。
手取り足取り丁寧に。
やっぱりマンツーマンだと飲み込みの早さも違うのでしょう、少し感覚を掴んできてその教えてくれた人が去った直後。
別の方が登場。
そして「いや、そのやり方よりこっちが良いよ。」
とまた違う風に教えてくれる。
ははー。成る程。となってその人が去れば更に違う人が「あんなにしなくていいからシンプルにこうっ」とまた違う人が現れる。
これをずっと僕だけエンドレスに。メンバーからはいつまでやってんねんと言われるけれども、一通り教えてもらったところでまた初めの人が帰ってきて直されてとやってる内にやめ時も無くなってしまい。。
皆んな阿波踊り愛があるなーと。
ちょっと熱くなってる人も何人もいましたし。
伝統芸能とは言えどもやはりその人の性格や佇まい。それが踊りにしっかり現れる。
個性がしっかりと出る阿波踊り。沢山の人に教えてもらったのは大変だけれどもこれだけ違いがあると凄く興味が湧きました。
まあでも、、徳島みんな熱い、、
あの地元愛の熱さは全国一かも。
熱すぎて喧嘩にならないといいなと思ったくらいの愛でした。笑…
Read More

米子日記

一日遅れましたけどセイヤです。

昨日は1週間の宗像シリーズを終えて夜走りから神戸に深夜到着。
旅も十二日目という事でさっき昼過ぎにやっとベッド脱出。

今日は神戸にて久しぶりのオフ!ということなのですがずっとお仕事やらせて頂いて毎日たくさんの人に会って美味しい外食してってなるといざオフにやりたい事がない、、

引きこもりたい状態です。体は疲れをまだ感じてはいないのですがずっとスイッチ入れっぱなしだったせいか家でも無いホテルで何をしたものか。

とりあえず洗濯しに行きます。

 

あっそう言えば明日は神戸にてこんなのやってます!

『Exotique Kobe@神戸ボンマリアージュ』

●異国情緒あふれる街『Kobe』にハマる、エキゾチックな選曲でお送りする一夜限りのSpecial Session!
Black Bottom Brass Bandの三人と、関西のレゲエシーンのみならず、オオサカズやワンダフルボーイズなどで大活躍のキーボード奏者、岩井ロングセラーとの邂逅が紡ぎ出す音の世界へMusic Trip♫

●ボンマリアージュ(兵庫県神戸市中央区中山手通1丁目2-4)

●Open 19:00 / Start 20:00~(2set)

●投げ銭

●出演
MONKY(Sax)from Black Bottom Brass Band
TAMOTSU(Sousaphone)from Black Bottom Brass Band

Read More

米子日記

1日遅れましたがせいやです!

いやー2年ぶりに宮古島ミュージックコンベンションに参加して帰ってきました。
師匠のゲンタさんが開催している今年で13回目のフェスでして僕はBBBBに入る前からスタッフとして動かせてもらっています。
で今回も出演兼スタッフとしてメンバーより長く滞在して楽器手配からステージから会場撤去やら色んなことを沢山しました。
これを一年に一回やることで普段から何かする時のスタッフという凄さが身にしみるのです。
というか僕なんか素人過ぎて本当に怒られっぱなしで迷惑かけてるだけなのですが、、
本当にほとんど寝られない、働くか演奏するかの3泊4日でしたが楽しかった、、ゲンタさん今年も貴重な体験をありがとうございました。
さて昨日は学校公演を終えて今日が久々にして暫く無い家に居られるオフ日!
ということで昼まで寝てました。
さあ行動開始!!…
Read More