夏の思い出

さーて来週は、
「足の細さはルパン並み」
「靴を脱ぐのは左から」

で、お送りしますと言ったところで、
ズッブズブの車生活の為、足の弱体化が著しいのはオレの事。タモ山根です。

やばいっす。木の棒みたいっす。
まぁ、仕方ないよ。
アクセルとブレーキ踏むのに力は使わんからね。

そんな、ドッロドロの車地獄にハマっている私も、たまーに電車を使う事があるのです。

その、たまーにのおかげで、普段からICカードを財布に常備してないので、切符を買う事もあるのです。

しかし、この切符が曲者なのです。

ワタクシ、切符を持つと妙な緊張感が生まれるのです。

何故か。

無くすのです。
否。子どもの頃の無くしたトラウマがあるのです。
持ってたはずの、ポケットに入れてたはずの切符が無い。勝手にイリュージョン。
あれ不思議ですよね。

特に酷かったのは、忘れもしない小学4年生。

当時ボーイスカウトに入ってた私は、毎週末その活動の為各地へ出かけておりました。
もちろん移動手段の大半は電車。

それが起きたのは、神戸市の大動脈である神戸市営地下鉄でした。

いつもの様に活動を終え帰路に就いた時。

切符が勝手にどっかに行ってしまう節のある私は、無くさない様に、しかと右手で握っていました。
しかし、同僚達と切符を使った遊びが始まります。
最もポピュラーだったのは、切符の下部に印字されている4桁の数字を、「➕・➖・✖︎・➗」を駆使して、いかに早く「10」にするかというものでした。

これがまた面白く、白熱するのです。
子どもなので白熱し夢中になると、他の事は全く頭に入らなくなります。自分の考えも分からなくなります。
そんな時、事は起こります。

そのゲームが終わった直後、何を思ったのか私は切符はここなら絶対無くさないと入れたのが、被っている帽子の中なのでした。
分かりますね。
頭と帽子に挟まれてる状態です。
確かに、これなら無くすはずはありません。

帽子を脱がなければ。
帽子の中に入れたのを忘れなければ。

しかし、そんな事あるかいなの代表格の後者が起きたのです。

いざ、電車を降りる時になり。
あー!切符無いー!と。
数少ないポケットやリュックなどあるはずも無い所を探しまくり、試合終了。
慣れた感じで駅員さんに告白。
そして、いつもの様に優しく受け入れてもらい、改札の外へ。…

Read More

タモ山

さーて、来週は。
「初めてのビザ申請」
「タモツまさかのハゲ疑惑」
で、お送りします。

と言う事で、来週ではありませんが、来月の訪韓の為、本日韓国総領事館にてビザ申請をしております。
只今、書類のチェック中。
色々調べて準備しましたが、こっちに送られてきた情報も少なく、一発で受理される気は全然しません。
てとこで、呼ばれましたー。

結果!やはりちょいちょい足りません。
まぁ、大した事ないので、とっとと帰って書類作り直します。
では、みなさん良い火曜日を。…

Read More

ツアー

さーて来週は。
「実家のベッドは寝苦しい」
「同窓会の連絡は全く無い」
の2本立てでお届けします。 タモ山根です。

一昨日の8月20日。
塩屋にある、旧グッゲンハイム邸でのツアー最終日を無事に終える事ができました。

チケットもsold outとなり、たくさんのお客さんにご来場頂き、また、出店ブースも各店舗さんのおかげでバラエティに富み、
出演してもらった杉瀬陽子さん・aco106・ペドグの皆さんのおかげで、ロケーション・シチュエーション共に最高な1日となりました。

そして、ツアー全17ヶ所。
各地で協力してもらい、お世話になった方々。
お客さん。皆さんがあっての、BBBB。
ほんまに、ありがとうございました!

また来年の25周年ツアー。どうなるのか今から楽しみで仕方ありません!
とりあえず!
確実な情報として、
バンド車は新車になってます。
て事は、
走行性&快適性up→更にドライバーの腕が冴え渡る→メンバーは更によく眠れる→コンディションup→ライブパフォーマンスup
肝心なCDはまだ影も形もありませんが、
乞うご期待!…

Read More

復活。
車の話です。
皆様にご心配をお掛けし、お騒がせしましたバンド車キャラバン。
故障の原因はエンジンには無く、ディストリビューターという、アクセルやブレーキの信号をエンジンに送る所がサヨナラしておりました。

そりゃ、アクセル・ブレーキが効かんわけです。ほんまよう無事でおれました。

なので、修理自体は部品の交換だけなので、1日で終わりました。
当初はもっと大がかりか、廃車かと思ってたので、スケジュールとにらめっこしながら、どうレンタカー等でやり繰りするか考えてたので、一安心。

そして、先日神戸のディーラーさんに置いてあるバンド車を引き取って参りました。
500kmほど試運転(笑)してきて、何の問題もなく走れたので、もう大丈夫。
残りのツアーも、これでバッシバシ走ります!…

Read More

月タモ

僕はよく鼻で、「フンッ」と笑います。
なので、息子も「フンッ」と笑います。
そして、親父も「フンッ」と笑ってました。

てことは、祖父も、曾祖父も、それより前のご先祖も同じ様に笑っていたのではと。

どうでもよい他愛の無い事だが、なんだかおもろいなーと思った夜。…

Read More

月タモ

あ、どうも。
BB専属ドライバー兼専務兼お水係兼スーザホン兼BB通販を担当しております、タモツです。

最近、実年齢よりも若いと言われる事が多いのですが、家にあるタニタのマシーン(体重計)でも体年齢27歳と出るのであながちリップサービスでも無いのだなと感じる今日この頃の37歳です。
あと3年で40になりますが、日々の節制した生活のおかげで、無駄な脂もなくソリッドな体型を維持しております。キレキレです。

とはいえ、先日の福岡では2夜連続でモツ鍋とラーメン・元祖長浜屋に行きました。
しかもですよ。モツ鍋の〆に麺を投入してるにも関わらず。
いやぁ。麺好きとしてはたまらない2夜でありました。
モツ鍋の旨さも勿論のこと、ラーメンよ。
500円。ワンコインですよ。ほんま旨いし。
こっちではありえんです。
雑誌に載っていた近所のふざけた豚骨ラーメンに教えてやりたい。
それを載せた雑誌の編集者は責任取った方がいい。
なんだあれは。豚骨のあっさりさを履き違えてるのも甚だしい。
あっさりってのはよ。。
おっと。失礼。
つい文句をタラタラと。
それくらい差があるという事で。
羽生結弦とニッキー・オブレイコフくらいの差があるという事で。

来月また福岡に行くので楽しみで仕方ないす。…

Read More

そういえば

 

皆さま、「からし」は何から出来ているのか不思議に思った事はありませんか?

普段から何気無しに使っている、からし。

わさびはよくテレビ等でも取り上げられるし、スーパーでも生わさびが売ってたりするので、よく知った存在であるのですが。

私は全く知らなかったのです。

ある夕食時、息子の「からしって何から作ってるの?」という質問にハッとさせられ、そ

んな事考えた事も無い無知な自分にガーンとなり顔面蒼白。

「あわわゎ、な、なんやろな?よし。すぐ調べてみよう。すぐな。」

と、震える手でPCに向かった結果がこれです。

からしは、アブラナ科の植物のからし菜の種子を原料として作られているもので、その種を圧搾脱脂・粉砕・乾燥させたものが「粉からし」。この粉からしに水分(40℃ほど)を加えて練ったものが「練りからし」だそうで。

現在一般的に使用されているのは、この練りからしをチューブに入れたもの。

粉からしに水分を加えて練ると、酵素の働きで辛味成分が生成され辛くなる。

しかし、その辛味成分は揮発しやすいので、練りからしにすると辛味成分が抜けやすいので、市販のチューブからしにはそれらを逃がさない様に、食塩・酢・植物油等を添加しているとの事。

なるほど。勉強になりますね。

まぁ、しかしご家庭でなかなか「からしって、どうやって作るか知ってる?」と話題になる確率はかなり低いので、飲みの席でおでんが出てきた時にでも、からし話を披露して下さい。

そこでもし、あなた(男性)が狙っている女性(オーガニック好き)が同席していたら、そっと耳打ちして下さい。

「完全無添加なからしの作り方知ってる?粉からしを買って、40℃のお湯を加えてよく練れば出来上がり。どう?」

なにが「どう?」なのでしょうか。

タモツでした。…

Read More

月タモ

こんにちは。

体内の鉄分不足と色白さには定評のあるタモツです。

どれだけ色白かというと、僕の小学3年生時のクラスメートのクッサマン(苗字は忘れた)と同レベルと思ってもらって良いでしょう。

そして、その色白さのおかけで、事が起きたのはつい先日のライブ後の打ち上げの時でした。

21時半から飲み始め、時間も0時を過ぎたあたり。

「ん??タモツ。顔白いな。」

そうすか。いつもの事ですけどね。と、返すと。

「いや、ほんま白いねんて。」

まぁ、お酒飲んでも赤くならないですからねー。

「特に目の周り。真っ白や。」

ほんまや。ほんまやと。ザワザワ。

体調もいいし、問題無いですけどね。大丈夫です。

すると、イギーさんが。

「お前、鉄分足らんねんて。」

と言った瞬間。

「すんませーん!レバニラ一つ下さい!」

そして運ばれてきた、まあまあええ量のレバニラ。

じゃあ、いただきます。おっ。このレバーは食べ易い薄さで臭みもしっかり取ってあって、なかなかに美味い。

と、ちょいちょいつまんではビールを飲んでいると。

「全然食べてないジャンか。お前の為に頼んだのに。ほれ。」

と、お皿にガッサーと入れてくれるイギーさん。目は笑っています。

どうもこのバンドのsaxの先輩はS気が満載のようです。

そんなやり取りを繰り返しつつ完食した頃。

「おっ。タモツ。目の周り、赤くなってきたで。」

そんな即効性ありますかいな。

ほんまやて。血色良うなってきたやん。ほんまや。さっきより全然赤い。みんなが言います。食べて良かったやん。

にしても、そんな即効性ありますかいな。

 

 …

Read More

月タモ

ここ数日、日本全国を寒波が覆い大雪をもたらせているのが嘘かの様に晴れ渡っているmy city 横浜。

という、くだりから始めてみたものの、この先に何が続くかと言えば特に何も無い、いつも通りのタモツです。

雪もさることながら、このシーズンに必ず話題となるのが、インフルエンザの猛威ですね。

かなり罹患者が増えているそうで、いかに予防するかが焦点となっております。

一般的には、まず手洗いうがいをしっかりする。外出時のマスク。予防接種等色々ありますが、いくら予防に尽力を注いでも罹る時には罹るものです。

そりゃそうだ。皆さんの声が聞こえてきそうですが。。

そんな時大事なのは、罹ってしまった時にいかに他人にうつさないかなのです。

ウイルスは唾液等に含まれ、クシャミや咳で空気中に解き放たれます。そう、飛沫感染というやつです。

混んだ電車・バスで「ゲホーッ、アークショイッコノヤロー」とマスクもせず思う存分気分爽快にやっている人に殺意を覚えるのは、私だけではないばす。お前一人でパンデミックやりたいんかと。

まだインフルエンザの症状は出ていなくても、保菌している可能性は十分あるのです。また、かなりの寒気がしてこれはアカンやつやという時も。

そんな時、最低限マスクをしていれば撒き散らす事も無いのですが、持ってない時。ありますよね。

よい対処法、あります。

まず、能動側。する方ね。

咳やくしゃみは、我慢しようと思っても、なかなか出来ないものです。周囲に迷惑かけないようにという気遣いは有り難いのですが、限界があります。

そんな時!

我慢ぜずにやっちゃいましょう。

ただし、口は閉じたままですがっ。

元来、咳などは菌を排出する為の防衛反応なので、自分の意思では止められません。ならば、思う存分してしまいましょう。

口は閉じたままですが。

ポイントは、いかに風速何mかは知らんその勢いを逃がすかなのです。私の実験結果では、咳よりくしゃみのがキツイ。鼻や耳からエア抜きしつつ、首の筋肉でショックに耐える。これしかありません。

大前提である菌の排出は、潔く諦めましょう。

自分の免疫力を信じるのみです。

これで、他人への感染率はグッと下がります。

そして、受け身側。

例えば、混み合った電車内。ゲホゲホやってる人がいます。

おぉ。マスクを忘れてしまった。どうすればいいんだ。かと言って、息を止めるにも程かある。あぁ、素潜り世界チャンピオンやったらなぁ。と、くだらない事を考えてた、その時!

あなたは何故か鞄に入ったままの1枚のポリ袋の存在を思い出します。

「あ、昨日職場のパートのおばちゃんに貰った飴ちゃんが入ってた袋あるやんか。」

そして、即、行動に移ります。

袋を片手に持ち、よーくよーく目を凝らします。すると!空気中に漂う見えるはずの無いウィルスやらチリやらが見えてきました。

今だ!と、それらが無い空間を狙って袋にバババッと空気を詰め込み、そのまま口にダイレクト!

無事に、綺麗な空気を手に入れる事が出来ました。

あとは、降車駅まで口に袋をあてたまま、やり過ごすだけです。

ただし、注意点が1つ。

どうしても、呼気に含まれる水分が結露し、袋内に溜まってきます。

そうすると、見た目は30年以上前のワル(不良)と言えばこれの代表格、シンナーを吸っている様に見えるので気を付けましょう。

綺麗な空気を吸っているだけなのに、駅事務所へ行く事になってしまいます。

そして、色々と厄介な事になってしまいます。…

Read More

月タモ


もうすぐしたら、クリスマス。

私の口からクリスマスなんて、なんだかとっても不似合いですね。フフ。

不似合いなのもそのはず。

私の育った環境下においてクリスマスは、ほぼ存在しなかったのです。

元々、両親はそういったイベント事には関心があまり無かったのか、街中やテレビで煽られ世間がそういうムードに向かっていても、眉一つ動かす事はありませんでした。

ただ、私が小学校1年生までは、流石にクリスマスプレゼントを貰っていました。

「サンタさんに何お願いするの?」

と、前もって情報収集する手段ではありませんでしたが。

来たものを喜ぶ、純粋ストロングスタイル。欲しい物を数日前から紙に書いて枕元に置いてはいたのですがね。サンタさんを信じて。

そして、2年生の12月25日、

「もう、子どもじゃないんやから、クリスマスは今回でおしまいな。」

という、突然の終了宣告を告げられたのです。

サンタクロースがいるか・いないかの議論さえさせない、終了宣告。

しかし、それを聞き反抗するまでもなく、自然と受け入れた自分がそこにいた事を、はっきりと記憶しています。

そして、そんな私も親になり、クリスマスがやって来ます。

このドライな過去を妻に話したところ、

「自分の子どもには夢を見させてやって。」

と。

大丈夫。準備は万端です。

 

 

 …

Read More