気付き

どうしようもなく、どうでもいい話し。

白湯が好きなのである。
そう、「さゆ」
白湯というもっともらしい名がついているが、水があったかくなったアレだ。
ただのお湯。
それをマグカップに入れ、
何も分かってないのに、分かった様な顔をして飲むのが日課になりつつある。
そんな白湯ライフ2日目。
思うに2日目が1番アツいのである。
白湯の温度ではない。
あっちのアツい。
三日坊主という言葉が示している通り、
その前日の2日目がピークというアホな自己解釈理論であるが、なかなかに的を得てそうな気もする。
と、そんな話しではなく、何故白湯を飲み始めたか。
私は、カフェインやアルコールを摂取すると、
人よりトイレがだいぶ近くなる。
手を伸ばせば届きそうな距離を想像して頂くとよいでしょう。
さらに、真冬。
大好きなコーヒーやビールを飲むと1日中トイレに入り浸りなのである。
そして、気が付いた。
これって無駄やん。
入れては出しての無限ループやん。
飲むだけ無駄やと。
そして、気が付いた。
白湯!
昔から飲み慣れた、白湯。
ボーイスカウト活動の時、水筒にいつも入れてた白湯。
朝に飲むと体にいいってNHKあたりで言ってた白湯。
実際に飲むと清々しい。
何も分かってないのに、分かってくる。
体もあったまる。
トイレとの距離も近くて遠い隣国の様だ。
素晴らしい白湯ライフ。
明日は3日目。
Read More

ハイボール

もうすぐ、12月ではないか。

しかし、なんだ。
この数日の陽気は。
まるで私の忘れ去ったご陽気さを取り戻せと言わんばかりものではないか。

こう見えても、10歳くらいまでは陽気だったのだ。
とは言え、11歳から今に至るまで、陰気な訳でも無い。
何が言いたいか。

特に何も無い。

特に何も無いが、かつての陽気さを取り戻す為に、最近ハイボールをよく飲むようになった。
ハイボールがご陽気アイテムかはさて置き。
旅が続いている今、宿の部屋でご飯を食べ独りハイボールを飲む。
ちょっと待て。
部屋で陽気になっても、何の意味もないでは無いか。
一部屋という空間の中でのご陽気だ。
寝て起きたら、いつも通りの私だ。
陰気な訳でもないが、陽気でもない私だ。
何が言いたいか。
特に何も無い。…
Read More

you can fly

鼻がムズムズ。

目が痒い。
おい。
ちょっと待て。
これは、春先から初夏へかけての症状ではなかったか。
秋には関係無い話ではなかったか。
そりゃあ、私だって知ってますよ。
1年中飛んでる事。
でも、ユーザーになってから幾星霜。
ウソ。15年。
秋は何ともなかったやん。
あんた、秋にはイタズラせんて言ってたやん。
3ヵ月以上は可哀そうやからて言うてたやん。
試しに残ってたオロパタジン。
快適。
からの、確定。
はぁぁ。秋もか。
花粉症。
と、思ったけど。
まだ諦めてません。認めません。
何の花粉に反応してるのか。
病院に行かない限り確定診断ではない。
気のせいという事にしておこう。
Read More

味王様

お盆時期、海水浴と海釣りに行きました。

綺麗な広い砂地の浜があり、しかも遠浅。

そこは海水浴マップにも釣りマップにも載っていない穴場スポット。

なので、人もまばら。

十分にスペースがある上、暗黙の了解で、海水浴・釣り人がそれぞれにエリア分けされていて、何の問題もありません。

そんな浜での投げ釣り。

狙うは白キスのみ。

天気は快晴。

おりゃ。と一投目。20m程先に着水。

そろりそろりとリールを巻き、底にコブがありそうなとこを探し、アタリを待ちます。

快晴・綺麗な海・釣り、このシチュエーションだけでもなんと幸せな事か。

と思うや否や。

早速手に感触が。

アタリが弱かったので、どうかいなと思いつつ引き上げると、デデーン。

体長約15cmの白キス。

幸先良い。

「ありがとうございます。今夜天ぷらでビールと共に美味しく頂きます。」

と感謝の想いを1号に伝えながら針を外し、バケツにイン。

その後、2時間半で14号までの釣果。

そして、天ぷらに調理してもらうと、

かなりの美味。美味すぎ。

なんとも上品な味で、身もフワフワ。

ミスター味っ子で口から光が出ながら、美味い!と叫ぶ気持ちが分かるのに、30年かかりました。

てな訳で、白キスのサイズが大きくなる今月あたり。

感謝の想いを胸に、また釣りに行こう。

次は、天ぷらと刺身やな。

 

 

 …

Read More

きっかけは突然に

先日、息子がかけ算の勉強をしているのを見て、あのセリフがフラッシュバックしたのでした。

「にいさん元気でねえさん死んだ。」

この字面だけ見ると、これはなかなか穏やかではない。元気と死んだが平然と同列しているのだ。

しかも、かなり明るくバカっぽく発声する。

これで気付く人もいるはず。

かけ算。バカ。

そうです。

ドリフのいかりや長介と仲本工事によるコント、「バカ兄弟」のワンシーン。

コントは弟役の仲本工事が兄役のいかりや長介に、

「早稲田大学に行くためにかけ算の2の段を勉強をしている。でも、2×3から先が分からないから教えて。」

という所から始まるのです。

そこで出たのが冒頭のセリフ。

早速、YouTubeで検索し息子と、

「あぁ、こんなんやったなぁ。」

しみじみと、笑いながら視聴。

「ドリフ かけ算コント」で。

40代以上には懐かしく、それ以下には斬新なはず。

今はコンプライアンスやなんやで、この手のやつは出来んやろからねぇ。

 

 

 

 …

Read More

かばやきかぶり


タモツです。
夏の「食」と言えば、これ!
鰯。イワーシー。
型の良い肉厚鰯が鮮魚売り場にてズコーンと目に入ってきたので、迷わずゲット。
そして、蒲焼き。
泣けるほど美味い。

そしてこの日(8/21金)は、息子の給食のおかずが、まさかの鯖の蒲焼き。
献立ちゃんと確認してなかった。。

蒲焼きかぶり。

なんかリズム感良し。
「かばやきかぶり」
「かばやきかぶり」
「かばやきかぶり」…

Read More

茹でる

という事で。

7月もそろそろ終わり。

ようやく梅雨の出口が見えてまいりました。

ジッメジメ暑い。

これだけで、色々と億劫になってくる代表格と言えばこれ。

で、お馴染みの晩ご飯の用意。

献立に迷いますよね。暑いし。

さっぱりした物食べたいですよね。

さっぱりしつつ、肉も食べたいですよね。

そんな人にはこれ。

棒棒鶏!

簡単。美味い。感動。ビールにぴったし。

はい。

では、簡単に作り方をば。

棒棒鶏でレシピ検索して下さい。

以上!

で、終わる訳にはいかんので。僕なりに。

まず、鶏胸肉を用意。

水をはった鍋に生姜のスライス、白ネギの青い部分を適量・塩適量入れ、胸肉の余計な皮を取り除き、ぶ厚い所は切り開いて厚みを均等にしてドボーン。

中火でゆっくり加熱。

男やったら強火やろがいって、大正な意見は除外です。お肉がかたくなってしまいます。

そんなん、レンジでチンせんかいってのもナンセンス。茹で汁がまた美味いのです。

中火で加熱し、泡がふつふつと出るようになってから、やや強火で5分程。アクも丁寧に取り除きます。

この頃にはお肉の表層には火が通ってます。

そして、火を止めて鍋に蓋をし30分放置。

余熱でじっくり中まで火を通す事により、しっとりとしたお肉の出来上がりです。

あとは、細くスライスするなり食べやすい形状に。

肝心のタレですが、僕は甜麺醤・醤油・すりごま・炒りごま・砂糖・みりん、先程の胸肉の茹で汁少々で作ってます。

ちなみに、ビールに一番ぴったしなのは、お肉を取り出した時のちょいとつまみ食い。

まだ熱々で味付けは塩のみながら、鶏の旨みと生姜・ネギの風味で美味すぎてびびります。

あ。

まだ大量にある茹で汁は捨てずに冷蔵庫に保管を。2〜3日は持ちます。

旨味の集合体のそれは、中華スープやラーメンのスープ、餃子の餡にも是非。

美味すぎです。

 

 

 …

Read More

ユスリカと揺れる男

先日、BBのリハを終えその足で福岡に戻り、博多発筑前前原行きの最終電車に乗った時でした。

あぁ、疲れたなぁ。

と何気に視線を上にやった時、チラチラと目の前を何かが横切ります。

ん?なんやろか。

しかも、複数いる様です。

パっと、車内の連結部の方の壁を見ると、かなりの数のユスリカがっ!頭虫という名前でも有名なアイツらです。

はー!

一体どっから乗ってきたんだね。

楽器もあり移動するのも面倒なので、仕方なくその場に居る事にしました。

とりあえず、楽器ケースにとまった奴は、「運が悪かったなと」とデコピンをする様に弾き飛ばしていきます。

そのうち天神駅に着き、更に多くの人が乗ってきます。

金曜・終電となると、流石です。

車内は一気に居酒屋のかおり。

あぁ、懐かしい。もう結構飲みに行ってるんやねぇ。

飲みたいなー。などと思っていると、ドアの手すりに掴まり、今にも立ち寝しそうなハードドランカーなオジサマを発見。

電車の揺れに合わせ、大きく前後左右に体も揺らします。

でも時折、「はいっ!すみません!私のミスであります!」と言わんばかりの直立不動の姿勢をとります。

そんな時に限って、先程のユスリカ達がオジサマにソフトランディング。

で、オジサマがグワンと揺れると、緊急離脱。

直立不動→ソフトランディング→揺れる→離脱の無限ループが出来あがりました。

見てて特におもしろいものではないのですが、ついジッと見てしまう。

あれと一緒ですね。あれ。

コインランドリーの乾燥機が回っているのを、ついジッと見てしまう。

人を惹きつけるものがある様です。

皆様にも、金曜終電・ユスリカ・ハードドランカーの条件が揃う時を願って。

 

 …

Read More

そう言えば

この歳になって、思い出した事。再確認した事全集。

目が細い。

眉毛は太い。

中学の時、歳とったら村山富市になるのではないかと、正直かなり不安だった。

生まれつき視力は弱い。

いつかコンタクトにしようと思い5年経つ。

実は直毛ではない。

グレート義太夫時代(ロン毛)があった。

鼻血はすぐ出る。

いつかドクターに言われた。

先天性の蓄膿持ちと。

冬場にある周波数帯の音を聴くと、雑音が入る。

いつかドクターに言われた。

耳に異常は無いから気にするなと。

気にしません。

短距離走より長距離走派。

はぐれ刑事より宇宙刑事派。

猫より犬派。

焼売より餃子派。

唐揚げより南蛮派。

ローカットよりハイカット派。

何を考えてるかよく分からないと言われる。

事実何も考えてない。

運転マナーにうるさい。

でも、口には出さない。

こう見えて怒る事もある。

でも、3秒で鎮まる。

暖簾に腕押し。

あ、俺は暖簾かと今気づく。

 

 

 

 

 

 

 …

Read More

水崎さん

いきなり水崎さんと言われても。

困りますよね。

皆さんのお知り合いに水崎さんという方がいらっしゃるかもしれませんが、

私の中での水崎さんは、農家。

しかも、めっちゃ美味しいトマトを提供してくれるのです。

近所にある農・水産物直売所で出会ったのですが、なんせ味が濃い!

程よい酸味にギュッと詰まった甘み。

フルーツトマトでもないのに、この甘みはなんでしょか。

水っぽも一切無し。

今まで食べてたのは何やったんかー。

て言うくらい。美味しいのです。

なので、毎日食べてます。

全然飽きません。

ありがとう、水崎さん。…

Read More