てぃんくもん

夕方にやっている相棒の再放送を見るという夢がおかげさまで何度もかなっております。

相棒は2人組ですから右京さんのセリフには『我々は』というのが頻繁に出てきます。

『我々は』が出るたびに子供たちは嬉しそうに、この人ワレワレハって言ってるよ〜宇宙人だー!とすっかり右京さんは宇宙人だということになってます。

全く話が入ってきませんが、一応夢は叶っています。

それよりも、CMってこんなに長かったでしょうか?私の記憶よりもずっとCMが増えて長いような気がします。CMの合間にストーリーが少し進むといったイメージです。

ネットで動画見るのに慣れたからなのでしょうか。

という訳で、テレビは主にCMを楽しんで、おまけでドラマがついてくるという気持ちになって見るとストレス無くなりました。

どんなことでも気分次第。

心をピンクにすると世の中全てがピンク色に見えるかしら?

それはそれは素敵な世界ですねぇ。

 …

Read More

新ぴんくもん

朝あげたはずの布団をもう敷いてます。

サザエさんからサザエさんの間がとにかく早い。

世にも奇妙な物語に迷い込んだかのような時間軸。

これが、新世界ですか。

街のお店もやっとこさあかりがつきまして、

開きましておめでとうございます。

という気分です。

今日は近くの絵本屋さんで、たくさん絵本を読みました。

20冊は読んだので声はガラガラです。

絵本には声に出して読む事を前提で書かれている文と、そうでない文とがあるような気がします。

言葉もリズムが大事です。

読むのが楽しい絵本は何回読んでも楽しい。

しかしながら子供らの読んで欲しい絵本が、こちらの好みではない場合も多々あります。

長いやつなんかは戦いです。

聞き手の集中力が無くなれば、それを理由にやめれますが、聞いてる間は読み続けます。

読まなければ出会えないのが絵本です。

iPadでデジタル絵本も読めますが、やっぱり絵本は紙がいいなぁと思うのでした。…

Read More

ぴんくもん

自粛しはじめた頃は寒かったけれども

気づけば暑くなってました。

暑い中のマスク着用は地獄ですね。

ガーゼマスクにしたら少し涼しくて良い感じでした。

今週の新発見は

しっかりストレッチしたら楽器を吹くのが楽になる

という当たり前のような事でした。

イカタコ人間ストレッチと呼んで

子供も一緒に巻き込もうと思いましたがまったくウケず1人でやってます。

エビカニクスはやるのに。

 …

Read More

ぴんくもん

2C803627-73B8-4DFA-ACF1-BFCBEA947498

色々あるけれども

やっぱり線香が1番効いてる気がします。

今週はハリウッドザコシショウ さんがやってる長渕剛のモノマネのモノマネを家でやってたら子供にも伝染して、

さいせんば〜こに〜

ひゃくえんだまなげたら〜

とみんなで歌ってました。

どんどん覚えていったらいつの間にか一曲まるまる歌詞を覚えました。

アカペラでRUNいつでも歌えます。

 …

Read More

ぴんくもん

F8B704E0-E24D-4033-AAFF-6840B3C85978取ってきて乾燥させたニコタマ よもぎと、世田谷産どくだみでお茶を入れてみました。

どくだみ茶は知ってる味に近かったです。

よもぎ茶はそもそも正解の味がわからないから

成功なのか失敗なのかもわからない始末です。

でも楽しかった。

みんなでワイワイ苦いだの臭いだの。

それが大事。

一回ちゃんとしたやつ飲んでみたいなぁ。

今週出会った新情報、

鬼太郎は幽霊族の生き残りだということ。妖怪じゃないのが意外でした。

ねずみ男と猫娘は人間と妖怪のダブルで半妖怪。

砂かけばばあと子泣き爺はしっかりと妖怪。

今見ると、どえらいネーミングです。ちょっとヒヤヒヤします。

ゲゲゲの鬼太郎、オープニングの曲中に、おばけは死なない、と出てきます。

このマンガの中にはおばけと妖怪と幽霊が出てくるので、その差の説明に頭を使います。ゲタはリモコンだし。

マシンガンのように飛んでくる質問に、嘘をつかずにどう面白く答えるかというのがもっぱらの楽しみでもあります。

 …

Read More

ぴんくもーん

2E9D6819-B329-4C25-B3F5-509ACEF792ED

子供に絵をならっています。

弟子が師匠の技を見て盗むというやり方で。

師匠は迷いなくサラサラだと描きます。

わたしはそれを横で真似して描きます。

もちろん大人ですから形は真似ができますが、まったく納得のいく作品になりません。

ペンのにぎり、筆圧、筆の速さ、見て研究しましたが同じようには描けません。

忘れた気持ちを蘇らせるのか。

それとも、身についてしまった余分なものを削ぐのか。

楽しいチャレンジです。

 

 …

Read More

ぴんくもん

朝から晩まで家族みんなで寄り添って過ごしています。なかなかこんな時間を持とうと思っても持てるもんでもなく、見方を変えれば幸せな時間だと頭では分かっていてもイライラしたりはします。

こういう日々を過ごすにあたってとにかく1番大事にしているのは、笑う事です。

笑って過ごす以上に最高の過ごし方はありません。

しかし笑いが降って湧いてくるのは運任せ。自分たちで作り上げていかなくては数が足りません。何事も努力ですね。

4歳の子供たちの為に、親父は慣れない屁をこいてみたりするのです。

それでも笑うのは最初だけ。

屁は出そうと思って出るもんでもないですから、出そうな時に瞬時の判断で笑える瞬間、間合い、を見抜き屁をこきます。

失敗すると嫌われます。

娘に嫌われる事ほど辛いことはない。

ハイリスクローリターンですが

手段を選んでいられないのも現実。

そして、様々なシチュエーション、タイミング、距離を試し、

途中わたしは屁の妖精という設定になり、失敗、成功を繰り返しながら、

現在、屁の迷宮に入り込みました。

難しい、屁は難しい。

飽きる、慣れる、という人間のシステムは子供でもしっかりありますから、

飽きさせない屁、慣れない屁をこき続けるというのは不可能に近い気がします。

もちろん、子供向けですから母親のいない時に仕掛けます。

近しき者にも礼儀あり。屁こそマナーが大切です。そして品。

スマートに、エレガントに屁をこく美学。

あぁ、楽しく生きるのは楽ではない。

ですが、あれこれ試行錯誤するのが楽しいのです。

そして子供たちはこちらの苦労も知らずに、ギャハギャハ笑いながら勝手に遊び回っています。

それを見て、また頑張ろうと思うのでした。

 …

Read More

ぴんくもん

D73C612E-9076-4893-9D2D-2E363B3DCA82

きのこのこのこげんきのこ

しいたけにょきにょき生えてきました。

目を離した隙にみるみる大きくなります。

取って食べます。

わたしの栄養になります。

しいたけほどぐんぐん成長しませんが、日々新しい発見と創意工夫をして成長してます。

今は朝の6時

先ほどからケンカしている子供の横で文字を打ってましたが、

そろそろ決着つきそうなので本日はこれにて。

Read More

ぴんくもん

ウチのおたまじゃくしはカエルになり、

ミニトマトの苗には実がつきだし、

草花は生き生きと太陽を浴び、

水曜と土曜日の朝はカラスはゴミ袋を食い破り、

何気なく伸ばしてみたあごの髭が真っ白になり、

40歳になりましたユウタです。

わたしはその日、

A 4のコピー用紙で一反木綿を作っておりました。

そう、あの妖怪の、空を飛ぶ、

おいどんにのりんしゃーい。

みんな大好きいったんもめん。

四角いコピー用紙一枚から

めちゃめちゃ良い感じの一反木綿を作る手順を開発しました。

出来上がったものにブレスレットを作る時に買った、ナイロンゴムをつけて天井からぶら下げました。

それをキュウと引っ張って放すと鬼太郎のピンチに現れる感じそのもののような飛び方をします。

サイコーに楽しいです。

今度はそれを棒にくくりつけて外に出てみました。

一反木綿の散歩です。

家の前を歩いただけですが風にあおられた一反木綿はナイスな飛行を見せてくれました。

気分が乗って二体、三体と作って天井からぶら下げたら、お化け屋敷みたいになって素敵。

食事を運ぶ導線に吊ったのが運の尽き、邪魔だという事で外しました。

それでもまだ二体うちにぶら下がってます。

一反木綿ワークショップと、新聞玉ワークショップはいつでも開催できます。

 …

Read More

ぴんくもん

ペットボトルの中に

新聞紙をちぎって入れましょう。

ちぎってちぎってちぎり倒していると、自然と無心になっています。

そこには悩みもないし、かといって喜びもない。

ただ新聞をちぎって入れるという世界。

入れ終わると一旦我に返りましょう。

ペットボトルぎゅうぎゅうに詰まった新聞紙を見て、充実感、達成感を味わいましょう。

そして水道をひねり、命の源である水をボトル半分くらい注ぎましょう。

そして、1番のポイント、

しっかり蓋を閉める事!

当たり前やんけワレェ。と思われるかと思います。

しかし思い出してください、当たり前なんて今までどこにも無かった事を。

わたしは恥ずかしながら2度、部屋にぶちまけてます。

はっきり言って悲惨です。

そうならないようしっかりと蓋を閉めてください。握力の限り。

そうしましたら後はシェイクあるのみ。

バーテンダー風に、筋トレ風に、マラカス風に、好きなスタイルで、自由に、気分のおもむくまま、シェイクしましょう。

音楽を聴きながら、テレビを見ながら、テレワークしながら、風呂入りながら、小説を読みながら。

忘れていた夢中、思い出します。

ただペットボトルを振るだけの幸せ、普段使わない筋肉の歓喜、脳味噌から指の先まで喜びます。

中の新聞紙がドロドロに、溶けて混ざり合ってひとつになっていきます。

美しい生命の姿です。

さあ、ペットボトルから解き放ちましょう。

排水口ネットのような目の細かい網に一気に出します。飛び出ます。

溜まりに溜まったエネルギーの放出。

そこからゆっくりと水分を絞っていきましょう。

焦ってはいけません。手で優しく絞っていって下さい。無理な力は形の崩れ、少しずつ、少しずつ、水を絞っていきましょう。

そして絞ったものを乾燥させましょう。

数日かかります。だんだんと乾いて硬くなっていく様を楽しみましょう。

そうして完成するのが新聞玉です。

自分で作ると可愛くて仕方がなくなるでしょう。

使い道?

それを聞くのは野暮ですねぇ。

エンジョイ、ステイホーム。

1BE605A7-093E-4B6D-BAEE-BA56E33D2477

Read More